99%のムダを滅ぼす会

時間のムダ・お金のムダ・思考のムダを減らして自由を手に入れる

スポンサーリンク

考え方

弱い人間ほど他人の弱さを認めたがらない

私は周囲から見ると、かなり図太い人間のようです。 昔は繊細だったんですよ…。 自称・弱い人間の攻撃 私の周囲には、自称・弱い人間というのがいます。 話を聞いていると、「自分が世界一弱くて可哀想な人間だ、だから優しくしろ」と自分の弱さを振りかざし…

テレビの怖さ

「自由な時間を何に使うのか」 時間の使い方で人生は劇的に変わります。 テレビの弊害 私は23歳の頃、テレビばっかり見ていました。 就職浪人していた時期ですが、言ってしまえばただのニート。暇な時間が多いわけです。 その頃は朝から晩までテレビを見てい…

人生の目標や在り方を考えることはすごく大事

「自分にとって生きる上で何が大切か」 これを考えることの大切さを実感しています。 というのも、これを知らないで生きていると、周りに流されたり、惰性で過ごすことになってしまいかねない。 漠然とした不安や、周囲への不満も全てこれが原因のような気が…

どうしようもなく惹かれる人

久しぶりに予約してまで買った本。 最近、ものすごく冨永愛さんに惹かれます。 私が学生だった頃、モデルというと、ふんわりとした女性っぽさというイメージしかありませんでした。 ティーン誌はキャピキャピ、OL向けの雑誌はエビちゃんブーム…。 しかし、彼…

「贅沢」は娯楽の一種

家族でお祝いごとがあって、食事へ行きました。 普段気軽に行けないような、一人ウン万円の高級レストランへ。 立地も最高、夜景も最高、料理も最高、接客サービスも最高で、社畜であることを忘れられた一時でした。 昔はこういう贅沢な暮らしを毎日でもしたい…

「カッコよさ」の正体

私が「この人、カッコいいな」と思う瞬間がありまして。 それが、「自分らしく生きてる人」。 自分らしさって改めて考えてみると何かわからなくなってしまいがちですが、「好きなことをやる」。 これに尽きるのではないかと。 私は考え事をする時間が多く、…

紙の本と考える時間

最近は紙の本を読んでいます。 この間まで、バリバリの電子書籍派でした。 しかし今は、紙の本を読むことが多くなりました。 なぜかというと、紙の方が質の良い読書できるからです。 ここで言う質の良い読書とは、「内容を自分の中に完全に落とし込めること…

あの人が持っていなくて自分が持っているもの

自信を失くしてしまう時は誰にだってあるし、いくつになってもあると思う。 昔は他人の持っているもの(美貌だとか性格だとか才能だとか)が羨ましくて、自分はなんてダメな人間なんだ…と落ち込んだものです。 今でもときどき落ち込みますが、年を取ってからは…

黒い下着がダメって誰が決めた

女性の下着売り場って華やかで綺麗ですよね。 綺麗なレース! 身に付ける方も見せられる方も嬉しい、夢の詰まった女性下着… 私も一時期そんなキラキラした世界で買い物をするのが好きでしたが、最近はあまり…。 というのも、敏感肌のためオシャレな下着を身…

美人は顔立ちじゃないと思う

美人の基準って結構曖昧です。 容姿がどうとか言う時代でもありませんが、「美人」というのは多くの女性にとって憧れの一つでもありましょう。 美人というと、見た目(特に顔)の美しさだと思って、化粧や美容医療に力を入れたくなる人が多いのも理解できます…

人と比較しない

幸福度とお金は関係ないそうです。 ただ暮らしていくなかで、常にではなくとも嫉妬してしまったり、高望みをしたり、欠乏感を感じることはあると思います。 それは何故か。 それは、人と比較してしまうからだと思います。 今の恋人に不満を感じているのは、…

「退屈」はいつから悪者になったのだろうか

「退屈」は悪者だ。 そういう考え方は一体どこからきたのでしょう… 「リア充」というスケジュールに隙間のない存在に何となく羨望に近い嫉妬心を感じてしまうのも、おそらく退屈を嫌う気持ちから来ているのかなと。 実際に、私もGoogleカレンダーの予定が埋…

だらしなさは雰囲気に出る

私の知人に、頑張っているのに恋人が全く出来ない人がいます。 美意識が高く、美人です。 職場は女性が多いため、最近はマッチングアプリを使って、結構な数の異性と会っているよう。 なのに全く恋愛に発展しない…とのこと。 私は恋愛経験が豊富なわけではな…

人間はただの動物

人間に使命なんてない。ただの動物なのだから、ただ生きて、ただ死ぬ… そんな考え方に触れたとき、「自分探し」をしていた私は肩の荷が下りたような気がしました。 使命が無いのであれば、我々ひとりひとりの可能性は無限大にあるということではないかと思う…

「得意」と「好き」は全くの別物であるということ

何かを選ぶとき、どういう基準で選びますか? 大人になると、経験や知識が増えて、どうしてもリスクや不安定なことを避けがちです。 ただ、私はここで「好きなこと」を常に選ぶことが人生を充実させる方法なのではないかと思っています。 やはりね、好きでな…

「人に頼れる」という能力を身に付ける

人に頼るのが一番苦手です。 これは私が長女ということもあると思います。 1番上って親も初めてなもんだから、何もわからない中を手探りで突っ走っていかなければならない。 親も2番目からは何はあってもどっしり構えているものですが、私のときなんてイベ…

1週間以上のニート生活(お正月休み)を経て

私の夢が、ひとつ叶ったお正月でした。

失敗するから人は伸びる

人生は失敗があってこそだと思います。

有意義な一年にするために

さむい

自分の人生は自分でコントロールする

昨日は月が綺麗でしたよ。 月の近くに見えるのは金星でしょうか、なんとなく「私の方がキレイでしょ!」なんてアピールしている気もしますね

1日だけ何かをやめてみる

今さらですが、最近『夢をかなえるゾウ』を読みました。

休日は「楽しむこと」を意識する

最近はのんびり過ごす時間を大切するようになりました。

「見た目さえ磨けば人生バラ色」という危険思想

美容に力を入れるのは良いのですが、人間の魅力は見た目だけではないということを忘れてはいけません。

相手からの「ありがとう」を求めない

「ありがとう」と言われることを期待して行動していませんか? この間、職場の若手が「この中に『ありがとう』が言えない人がいる」という、なかなか大胆な主張をしていて、勇気があるなと。 これを聞いて、「あ~感謝しないといけないな」と反省した人が多…

私が通勤に1時間以上かける理由

一時期、東京で一人暮らしをしたのですが結局田舎に住んでいます。 そこに住んでいたら、通勤時間20分くらい。しかし今は60分くらい。 時短ワザとして一番に挙げられるのが通勤時間の短縮ですが、これを無理に短くしようとは思わなくなりました…。 なぜ都会…

心が荒んでいる日こそツヤ肌でいこう

最近、リキッドファンデを使っているのに見た目がカサカサ…。 心が荒んでいるからかもしれません。 見た目だけでも変えよう!ということで、ベースメイクを一新しました。 ツヤ肌ベースメイクセット マックで揃えました。 メイクが大して上手くないのにカン…

分不相応なアイテムはおもちゃにしか見えない

私はブランドものにあまり興味が無く、積極的には持ちません。 消耗品のバッグに数十万円は……掛けないかな。 ブランド物って持つ人が持てばカッコいいのですが、身の丈に合っていないと「10代がブランド物を持つ」みたいな分不相応感が出ます。 お値段が高い…

服だけじゃ誤魔化せない…それが大人

「40代以降は生き方が顔に出る」 よくそう言われますが、年齢は関係ないと思います。 どんなに若くても、同じ考え方や過ごし方を続けていると顔に出ます。 20代でも顔を見ただけで性格がわかる人、結構います。 時々見た目と性格が180度違う人もいますが…。 …

自分の意思ですべてを選ぶ

インターネットが普及し始めたのって平成の中盤からではないでしょうか。 私が小学生の頃に初めてパソコンの授業が取り入れられましたもん。 今はどこにいても、情報が手に入る時代。 しかし、まだまだ自分の知っている世界は狭いなと思いますね。 この世に…

見えない力に頼ること

困ったとき、不安なとき、悩みがあるとき、宗教や占い、スピリチュアルにハマる方が多いと思います。 私も以前は占いやスピリチュアルにハマった一人なので、信じることを否定はしません。 不当にお金を要求されるとか、洗脳されるのはよろしくありませんが…