99%のムダを滅ぼす会

時間のムダ・お金のムダ・思考のムダを減らして自由を手に入れる

スポンサーリンク

考え方

悔しいくらいに自分よりも成長した人

さすがに30を超えると「悔しさ」を感じる場面がなくなります。 意識的に避けているのかもしれませんが、ここ数年で嫉妬だとか失敗だとか悔しさとかを経験する機会が激減。成長と捉えれば良いことかもしれません。しかし、私にとってはよろしくない。 私は基…

こもりがちな日々を自己投資にするために

2度目の緊急事態宣言が発表されました。 出掛けられない日々の幕開けでございます。 1回目の非常事態宣言があったときは、「出掛けられない」というのが非常にストレスでしたが、いつの間にかそれが当たり前となってしまい、今は特に不便を感じていません。 …

悩みは人を偉大にする

ときどき、仏のような人に出会いますが、さぞ苦労されたのではないかなと思います。 悟りをひらいている感じがする。 去年、仕事で追い詰められたことがあって、燃え尽き症候群に。 その後も悶々とした毎日を送っていました。 退職が決まった後も「あと数ヶ…

心地よく生きよう

この世には、運気を上げる方法だとか、楽しく生きる方法だとか、長生きする健康法だとか、色んな方法があります。 そういったノウハウの数がこの世には多過ぎて、正直どれを採用すれば良いかわかりません。 そこで必要となってくるのは、自分自身の選ぶ力。…

新しい靴下と下着のパワー

新年に向けて、靴下を買い替えました。 新年を新しいアイテムで迎えようじゃないかということで。 こういう肌に直接触れるものは、何回も洗って少しヨレてきた頃が心地よかったりしますが、新品を身に付けたときの気持ちがシャキッとする感じも好きです。 そ…

会社員にも向き・不向きはある

同僚と食事をしてきました。 もともと同じ部署で、異動になった彼女。 明るくて友達も多い人気者です。 久しぶりに会ってすごく楽しかった…。そして、それと同時に会社員に向いていない自分に愕然としました。 会社員にも向き・不向きはある 未だに「会社員…

『正直』松浦弥太郎

正直に生きることは難しい。 自分の気持ちに正直に生きすぎて他人を困らせるようなことしていては、かえって孤独になるし。 かといって、人の顔色ばかり窺うと、自分に正直に生きられなくなる。 「正直」ってすごく難しいものなんですよね。 『正直』 松浦弥…

塩対応できますか

時々、無性にアイスやジェラートを食べたくなります。 それで良い店を見つけるとフラ~ッと入店。 塩対応な店員さん 最近、地元で美味しそうなジェラートのお店を発見。 美味しかったのですが、店員さんが超塩対応でジェラートの甘さが一層際立ちました。わ…

自分の使命とは何ぞや

この間まで、全力で「やりたいこと探し」をしていましたが、最近はやめました。 私の場合、好きなこともやりたいこともよくわからなかったので、答えを見つけるためにずーっと考えていました。 時間があればずーっとずーっと考えていました。 「やりたいこと…

新しい発見は「いつもの」の外に

読んだことのない雑誌を買ってみました。 「天然」とあって、デジタルや利便性に頼り過ぎない、ナチュラルライフ系の雑誌です。 なんか最近、いつもの日常に飽きてしまって、自分が見たことのないものや手を出したことのないものに惹かれます。 面白いもので…

トントン拍子=GOサイン

時々、不思議なことに、物事が怖いくらいトントン拍子に行くことがあります。 すごいタイミング 以前から退職を考えていたものの、良い同僚に囲まれていること、上司からの引き止めがあったことで「3月くらいまではいようかな…」と気持ちがグラグラしていま…

「他人は宇宙人だ」と思うくらいがちょうどいい

いま職場に合わない人がいます。 もうね、真逆。 何かされるとイラッとくるし、親切さえも裏があるのでは?と疑ってしまう。 でも、今回のことでいい教訓を得ました。 「他人は宇宙人だと思え」 その真逆な人の言動にイライラしていたのですが、どうやら本人…

他人を変えようとしない、自分が変わるしかない

最近、仕事の人間関係でイライライライラ…。 爆発しそうなときは缶コーヒーを飲みながら一人でビルの外を眺めています。 これだけで冷静になれます。 ストレスが爆発しそうになったら、一息入れられるルーティンを決めておくと爆発しないで済みます。 職場で…

人からの思いやりに気付くかは自分次第

職場でキレたら終わりです。もう元には戻りません。 キレてパンクした時点から「あいつのキャパはあの程度だから、もうこれ以上は仕事は振らないでそっとしておこう」的な扱い…だと思っていたのですが、どうやら現実はそんなに冷たいわけではないようでした…

仕事の意味は自分で見出だす

私が今年出会った言葉の中で一番の衝撃だったのが、「クソ仕事」。 この言葉に出会ったのは、山口周さんの『ニュータイプの時代』という著書で。 クソ仕事 言ってしまえば、何の価値も意味もない仕事のこと。 企業が雇用を生み出すためだけに作られた仕事。 …

「現状維持」を手放すと人生が変わる

ワタクシ、ほんの数年前までは、変化を恐れまくっている人間でした。 常に現状維持。 現状維持からの脱出 そのときどんなにイヤな環境にいても、変化が怖いからその環境に耐えることしかできませんでした。 何年かは我慢していたのですが、さすがに毎日我慢…

完璧じゃないから魅力的なのだ

好きなひとの欠点って、許せてしまうものですが、自分の欠点って忌々しいものに感じてしまうこと…ありませんか。 私は外だと八方美人タイプで、他人に強くものを言えないタイプです。 職場では特にその性質が出てしまい、ある程度の距離感を持って接していま…

「この人に嫌われていそうだ」というのは大半が思い込み

ずっと苦手な人がいました。 ケンカをしたわけではないのですが、なんかいつもつっけんどんで苦手な感じで、もしかして嫌われてる?とずっと思っていました。 そうすると知らずのうちに態度や表情がよそよそしくなるのでしょう……お互いそう思っているような…

すべて「自分ごと」として捉える

「そのうち誰かがどうにかしてくれるはず」 そう考えてやるべきことを放置したり、他人に押し付けたりする人ほど、人生が上手くいっていない…そんな印象を受けます。 「誰かがやるからいいや」 特に会社や学校など集団で過ごす場所だと、こう考えてしまう人…

目の前のことを真剣にやる

「やりたいことがない」 最近、転職について考えることが多く、自分の「やりたいこと」について考える機会が増えました。 以前もやりたいことについて書いたのですが、見つかったような気がしたものの核心に至らず、また迷走。 これ、考えると止まらなくなる…

苦手な奴はどこまでいっても苦手だ

人間はそう簡単には変わらない。 これは他人だけでなく自分も変わらないということ。 そう簡単に変われるんだったら人間関係で悩むことも無いはずです。 「変えたい」という気持ちがポジティブな理由でもネガティブな理由でも、結果は変わりません。 「そう…

「おせっかい」で自分をすり減らさない

私は心配性な部分があります。 少しでも困ったことがあると解決せずにはいられないのです。 そのせいか、他人の愚痴も「この人は困っている!」と思うと真に受けて、全力で解決しようとしてしまいます。 この間も愚痴っている人の悩みを解決しようと動こうと…

大人は顔よりも「顔つき」が大切なわけ

大人は内面が外見に反映されてきます。 大体、アラサーになってから一気にきますね。 10代20代の頃はモデルのような近付きがたい美人が、30代以降に会ったら「あれっ?」となるのはこのため。 外見ばかり磨くことに躍起になっている場合ではなく、どれだけ教…

自分と他人を比較して落ち込んでいる人に言いたい

最近読んだ本の一説にこうありました。 「不幸になるには、他人と自分を比較すればいい」 比較すること自体は、良いとも悪いとも言えません。 ただ、落ち込むような比較の仕方は間違っていると思います。 ひとり勝ちに見える人 つくづく世の中の活躍している…

真剣に生きても必ず報われるわけじゃない

最近、衝撃を受けたエッセイ。 『あやうく一生懸命生きるところだった』 ・いつかお金持ちにならなきゃと焦っている人 ・忙殺されている人 ・一生懸命に生きなきゃと思っている人 こう思っていて、頑張ることに疲れている方はすごく勇気を貰える一冊だと思い…

時々、新しいことをしよう

エコバッグを手作りしました。 まともに裁縫をしたのは、高校のとき。 エプロンを手作りしたのが最後だったかと思います。 それ以来まったく手をつけなかった裁縫。 やってもボタンつけくらいでした。 もともと数学が得意で、特に展開図はすごく得意だったの…

『置かれた場所で咲きなさい』

『置かれた場所で咲きなさい』 この本を読んで、最近の自分の振る舞いを猛省しました… キリスト教の方なので、「神」という表現は出てきますが、この考え方は生きる上で持っておくと良い価値観の一つだと思います。 環境は選べない 環境は選べるようで選べま…

そのままの自分が最高で最強

私のコンプレックスは何かというと、人見知りをすること、そして話が下手なことです…。 それゆえ、会話のときにとっても気を使うもので、脳みそフル回転。 (しかしそれでも上手く話せない) プライベートでも仕事でも、「考えながら話す」のが苦手。 夢は、…

自己中に生きていいんだ

最近、残業は30分で切り上げて帰宅しています。 今まで2~3時間の残業は当たり前でした。短くても1時間。 会社がそういう空気だから、なんとなく染み付いていたこの習慣。 (ちなみに残業代は出ません。給料に「みなし残業代」として入っとる) なので、早く帰…

マスク用のメイクと生活の変化

くそ暑いのにマスク…これは中々辛いものがあります。 マスク生活にはだいぶ慣れてきたものの、マスク用のメイクについては手探り状態でした。 マスクを取るときにどすっぴんじゃマズイかな…と普通通りにメイクして、マスクを装着していました。 しかしこれを…