99%のムダを滅ぼす会

時間のムダ・お金のムダ・思考のムダを減らして自由を手に入れる

スポンサーリンク

化粧映えしない自分を生かすメイク


f:id:yukaaaaaaaaaa:20191231204216j:image

最近は珍しくドラマを観ていました。

 

 

グランメゾン東京です。

出演されていた冨永愛さんに惚れてしまいまして、YouTubeでメイクしている動画を見ていました。

 


冨永愛、スーパーモデルのシンプル&丁寧なスキンケアとメイクアップ。 | Beauty Tutorial supported by CHANEL | VOGUE JAPAN

ほぼスッピンだー!なのにものすごくオーラがあって美しい…

 

これって「自分の素材の生かし方を知っている」ということですよね。

 

 

メイク映えしないワタクシ

以前から周りの人間に「化粧してるの?」

と言われ続けて「これじゃダメなんだ」と迷走しておりましたが、目が覚めました。

 

ありのままがいいじゃないかと。

 

そんな感じで、自分を無理して作り込むのはやめ、超ナチュラルメイクです。

 

ただ、1つだけ変えたことがあります。

それはリップを鮮やかな色にすること。

 

どピンクやバーガンディなど青みの強いパキッとした色を愛用しています。

リップだけは全くナチュラルカラーではございません。

 

一見バブリーな色ですが、自分に合う色だとそこまでケバく見えないから不思議。

 

化粧映えしない人は、自分に合ったリップを投入するだけでお化粧感が出るのでオススメです。

 

 

化粧映えしない顔とは

私と同じように化粧映えしない方が案外多くいらっしゃるようで、なんだか安心しました。

 

顔が濃い、童顔…などいくつか特徴があるようですが、一番しっくり来た特徴が「色を塗るスペースが少ない」というもの。

 

例えば、アイメイクが映えるのは眉と目の間隔(アイホール)が広い人。

頬の面積が広い人はチークが映える。

唇が厚い人は口紅が映える。

 

…というように、塗るスペースが多ければ多いほど色を持ってきたときに華やかになるそうな。

 

例外はあると思いますが、これは目からウロコでございました。

 

確かに全くアイメイクが映えない私は、眉と目の間隔が狭い。

塗ると却って暑苦しく見えたり違和感を感じるのは、ここが狭いからですね。

 

ただ、唇は厚めなのでリップメイクは映えるようです。

 

 

自分に合う方法を見つければ最強

自分の化粧映えしない原因がわかってスッキリしました。

 

これからは、リップメイクをしっかりしようと思います。

 

なんかこう心から納得して化粧をするので、謎の自信に満ち溢れています。

 

私はシンプルメイクが好きなので、堂々とどシンプルなメイクを。

 

以前よりもアイテム数や手順は減りましたが、充足感はMAXです。