99%のムダを滅ぼす会

時間のムダ・お金のムダ・思考のムダを減らして自由を手に入れる

スポンサーリンク

見返したくなるノート術

最近、「手書きで紙にメモを取ること」の大切さを実感しまして。

 

私のノート事情を今回はご紹介します!

 

 

ノートのつけ方

今までは一冊のノートに全てを

書いていました。

 

しかし、こうすると殴り書きがあったり、きちっとまとめられたページがあったりと、カオス状態なんですね。

 

これだと、読むのに疲れてしまい、見返しにくく、結局見返さない…という状態になっていました。

 

しかし、完全にメモの取り方を変えました。

以前は一冊のノートに何でもかんでも書いていましたが、今は2冊のノートを基本にしています。



f:id:yukaaaaaaaaaa:20190407225456j:image

一冊は、とりあえずメモを取るレポート用紙とか裏紙とか。

もう一冊は、清書用のノート。

 

そう、「清書」をすることにしたのです。

思い付きで書いたことやアイデアを見返しながら清書をするので、考えが整理されますし、更に考えを練ることができます。

 

①レポート用紙や裏紙に思い付いたことを全て書く

②その中から残したい情報を抽出して、清書用ノートに書く

 

重要なこと、良いアイデアだけを常に見返せるようにした方が、見やすくて圧倒的に効率が良いです。

 

 

過去の自分の考えは貴重だ

やはり考えたことを残すのは大切ですね。

 

見返すと発見がたくさんあります。

いっつも同じ事を考えているなーとか、

そんなこと思っていたのか…とか、

斬新すぎるアイデアとか

 

人間は忘れる生き物ですが、自分の考えていたことだって忘れてしまうもの。

 

だからこそ、「これだ!」と思ったアイデアはどこかに残しておくべき。

 

もしかしたら、未来の自分を救えるかもしれません。