放蕩娘の帰還

旧「現在片思い中」。自由に、そしてシンプルに。

スポンサーリンク

頑張らなくてもいいものを頑張るから忙しくなる


f:id:yukaaaaaaaaaa:20181009080724j:image

頑張るところは頑張り、力を抜くところは抜く。

 

全て頑張っていると、時間もなくなるし、エネルギー切れも起こる。

 

 

頑張らなくてもいいものには手を抜く

すべてのことに全力投球していたら、時間がなくなります。エネルギー切れも起こりますしね。

 

1日の活動時間がMAX24時間と決められている中で、どれだけ自分の好きなことややりたいことに時間を割けるか……

 

これが非常に重要になってきます。

 

 

 

頑張らなくなったもの

仕事服は頑張らない

正直、週5日出勤で、毎日コーディネートを楽しく考えられるかっていうと、そうではない。

着たい服が洗濯中のときも、何も考えたくない日もある。

 

そもそも仕事って非常にオシャレが評価されない場でもあります。

 

アパレル系、クリエイター、IT企業って結構自由なイメージですが、それ以外のオフィスワーカーは最低限のルールがあるもの。

 

校則か!と盛大にツッコミを入れたくなるほどのガチガチな会社もザラ。

 

おまけにオシャレ過ぎるとお局に目をつけられたりしますからね、本当に女ってのは面倒なもんです。

 

それならば、着てればまともに見えるコーディネートに固定してしまえばいい。

 

最強なのはスーツ。

着るだけできちんと見える。

 

 

化粧は頑張らない

化粧って相当激しくしない限り気付いてもらえない。

 

お化粧大好き!な人はそのままで。

 

しかし、

・好きだけど面倒

・ただ面倒

・嫌いだけど面倒

 

少しでも面倒だと感じたことのある人。

こういう人はメイクも定型化しちゃって良いと思います。

 

私も昔は化粧にこだわりがあったタイプ。

しかしですね、「好きな人を振り向かせたい」とか言って、お化粧を頑張りましたが、意中の人からは「化粧って女性みんなしてるものなの?全然わかんない」って言われてね。

 

少しでも美人に見えるのであれば、毎日おなじ顔でもいいじゃん…と思っています。

 

実際、私のメイクにバリエーションはありません。

 

 

人間関係は頑張らない

飲み会、食事会、交流会は行きたいもの以外出ない。

参加しても一次会で帰る。

 

ずっと参加していた方にとっては、すごく勇気のいることだと思います。

しかし、仕事して、自分の時間まで削っていたら、ますます自由がなくなってしまいます。

 

付き合いが悪くなると誘われる回数も減るので、行きたくないときはナチュラルに断る。

 

仕事の付き合いは最低限に抑える。

 

 

料理は頑張らない

食べたいものを作って食べればいいし、疲れているときに無理して作ることもないし。

 

自炊は確かに素晴らしいことなんだけれど、正しいというわけではございません。

 

私も、「自炊しなくちゃいけない」と頑張った時期がありましたが、疲れたときなんてとてもやる気が出たもんじゃないです。

 

料理って作りたいときに作りたいものを作るから楽しいんだなーと。

 

レトルトやコンビニ弁当も堂々と使います。

 

 

ダイエットは頑張らない

無理するからリバウンドするのだと思います。

 

食べるのは楽しいし、ストレスの発散にもなります。

甘いもの食べるだけで幸せな気分になりますし。

 

しかし、太る。胃がもたれる。あと謎の後悔ね。

 

大切なのは痩せるのではなく、健康を目指すことだと思います。

 

ダイエットは大変。

努力と並々ならぬ気合いが必要になります。

 

頑張るのであれば、徹底的にやらないと無理。

 

おすすめは夜断食です。

朝昼は普通に食べて、夜は抜く。

適度に痩せて元気になります。

 

 

頑張らなくていいものを増やす

全ての面で完璧を目指すと疲れてしまうことがあります。

 

頑張るとそれだけ時間が取られるので、全部頑張ると時間が消えます。

 

だからこそ、抜くところは抜く。

 

「手抜きしているのに、完璧に見える」

これ最高です。

 

手抜きをして余った時間を自分が好きなことに費やす。

 

仕事服や化粧を頑張らなくなって身支度の時間が減ると、朝に大好きなコーヒーをゆっくり飲む時間ができるだろうし。

 

飲み会を断れば、ショッピングに行って好きな服を買う余裕ができるだろうし。

 

なので、頑張らなくても良さそうなとこは頑張りません。

 

その代わり、好きなものには貪欲に。