放蕩娘の帰還

旧「現在片思い中」。自由に、そしてシンプルに。

スポンサーリンク

仕事の充実とプライベートの関係


f:id:yukaaaaaaaaaa:20171214190304j:image

仕事が嫌で仕方がないと心の余裕が無くなります。

 

 

帰って、ボーッとテレビを見て、スマホをいじって、気付けば2時……なんて生活になってしまいます。わたしの場合。

 

嫌なことをする時間が長いせいか、解放されるとボーッとしてしまうんですね。

 

嫌なことを続けていると、気持ちが落ち込んで来ます。

 

仕事はフルタイムだと1日の3分の1が取られるわけじゃないですか。

1日の3分の1を嫌々過ごすって、人生の3分の1を嫌々過ごしているということ。

 

確かに、「仕事はつまらないもの」と諦めてやっていく方法もありますが、

少なくとも嫌々じゃないレベルの仕事に就くべきだなーと思います。

 

嫌々働いている人ってわかる。

口をついて出るのが全部仕事の愚痴や上司や同僚の悪口だから。

 

時にはそこを抜け出すことを考えても良いと思うんですけどね。

 

他でやっていける自信がないとか、仕事と割り切るとか、色々思うところはあると思いますが、飛び出してみるとぐっと楽になれます。

 

極端に合わなかったり、成長できない環境だったら飛び出した方がむしろ楽。

 

死ぬときに「あのときああすればよかった…」という後悔をしたくありません。

 

嫌なことをやめる方が人生の充実度は上がります。

 

人間は負の感情の方を大きく感じてしまうから。

 

だからこそ、1日の中でもかなりの時間をとる勤務時間を少しでも快適なものにした方が良いと思うのです。