現在片思い中

毎日を輝かせるヒント

スポンサーリンク

大切にしている服は幸運を運んできてくれる

お久しぶりです!

しばらく転職活動でバタバタ……

 

 

長丁場になるかなーと思ったのですが、すぐ決まりました。

 

 その時着ていたのは、お気に入りのスーツ。

 

そういった「身に付けると何でも上手くいく」っていう一着って誰しも持っているんじゃないでしょうか。

  

 

思い入れのある服

私のお気に入りのスーツ。

 

それは大学の入学式で着るようにと親が買ってくれたスーツです。

 
f:id:yukaaaaaaaaaa:20161215011916j:image

 

もし私が一人で買いに行っていたら、就活でも着られるようにと手頃なリクルートスーツにしてましたね。

(そして断捨離して今ごろはもう捨てていたでしょう…)

 

しかし、母が選んでくれたのは、就活スーツではなく、少しデザインの凝ったスーツ。

  

袖を通すだけでテンションが上がる、私の勝負スーツです。

 

着る回数が少なかったこともあり、10年以上経った今も現役。

 

 

手入れしたくなる服

お気に入りの服には手を掛けてしまうものです。

 

ブラッシングしたり、小まめにクリーニングしたり、毛玉を取ったり、ほつれを直したり……

 

そういう綺麗にしておこうっていう愛情って、もしかしたら服から返ってくるのかもしれませんね。

 

それでラッキーを引き寄せてくれるような。そんな気がします。

 

やはり愛着を持つことって大事。

 

 

その一手間で変わる

服というと、「何を着るか」ということばかり考えてしまいがちですが、それよりも大切なのは服の手入れだと思いました。

 

・コートやスーツはブラッシングする

・革靴は磨く

・シャツとハンカチはアイロンをかける

 ・毛玉は取る

 

お気に入りの服を揃えるだけでなく、ずっと綺麗に着られるよう手を掛けてあげる。

 

洋服って消耗品なので、着倒すのが一番良いのですが、ボロボロではいけませんね。

 

着られる間は、どれだけ綺麗に保てるかが勝負だと思います。

 

しわくちゃのコートやヨレヨレのズボン、色が剥がれている革靴など、身に付ける物の手入れが行き届いていない人はいっぱいいます。

 

服や靴、バッグをおざなりに扱っていては、印象もダウン。

 

今一度、「何を着るか」ということよりも、どうすれば綺麗に着られるかを考えたいですね。

 

綺麗に手入れされたアイテムは、何か良いことを運んできてくれるはずです。