99%のムダを滅ぼす会

生活と考え方をシンプルにして自分軸で生きる

スポンサーリンク

似たようなデザインばかりを買うことの意義

靴を買いました。


f:id:yukaaaaaaaaaa:20220519233123j:image

 

私が買う靴はいつも同じようなデザインで、「色は黒で、爪先が尖ったかたち」です。

 

もっとバリエーションがあった方がオシャレの幅は広がりそうですが、シルエットも色もいつも同じものを選んでいます。

多分、私の靴箱の靴たちのディテールの違いは自分しかわからないような気が。そのくらい同じシルエットばかりを選んでいます。

 

好きなんですよね、黒くて尖ったシルエットの靴が。

それに、いつも履いているせいか履くとしっくり来ます。

 

タンスの肥やしや無駄買いしないために必要なのは、この感覚だと思っています。

 

・好き

・身に付けると自分にしっくりくる

 

靴やバッグをコレクション的に持つ人もいますが、私は実用品としか思っていません。

とても気に入ったものは「傷つけるのもったいないわ~」と思うこともありますが、それでも使い倒します。

 

お気に入りを身に付けた自分ってなんだか輝いている気がしませんか。いつもより自信がつきませんか。

 

「使う」という観点からは、お気に入りを買って、もったいなくてもガンガン使うってのが美学です。

 

こんな感じで好きで買ったものを使い倒して捨てるのが、最近の喜びです。