99%のムダを滅ぼす会

時間のムダ・お金のムダ・思考のムダを減らして自由を手に入れる

スポンサーリンク

ヒール靴を殆ど履かなくなった理由

ピンヒールの華奢なサンダルを断捨離しました。

 

 

最近の夏はビルケンシュトックしか履いていません。

冬はペタンコパンプスがメイン。

 

 

ヒールを履かなくなったわけ

最近は、仕事以外でヒールを履くことが殆どありません。

 

今まで服というと、なんとなく「オシャレに見られたい」という欲で選んでいて、そのオシャレに見える服装にはヒールが必須と思っていました。

 

しかし、最近は「着たいもん着りゃあいいんじゃないか」と思うようになりました。

 

それは、流行に流されず、好きなファッションに身を包んでいる人の方が何倍も素敵に見えるから。

(あと洋服のことを考えすぎて頭がパンクした)

 

参考になるのは、クウネルという雑誌。

ku:nel(クウネル) 2019年9月号 [パリ・東京・NY・ロンドン拡大版 おしゃれサンプル97人]

9月号には、そんな大人女性のファッションスナップがたくさん載っていますが、誰ひとりとして流行に振り回されていない。

 

流行を取り入れていても、自分のものにしているんですよね。

 

それは自分が何を着たいか、どういう服が好きなのかがわかっているからだと思います。

 

 

着たい服を着ていることがオシャレ

学生時代は、流行=オシャレだと思っていました。

 

私も流行に乗っていた時期がありますが、好みと合わなかったり、中途半端に取り入れたりで、ちぐはぐなファッションに。

 

そこから何年も「オシャレじゃない自分」に悩まされてきましたが、流行を追うのをやめて自分が着たいものを着るようになったらその悩みも解消されました。

 

私は今、超シンプルな服を着ています。

「好きだけど流行っていないから」という理由で昔は手を出さなかったファッション。

 

人の意見や流行、「オシャレだと思われたい」「よく見られたい」という欲や見栄を取っ払って、どんな洋服を着たいか?を考えた結果、シンプルに戻りました。

 

自分の本当にしたい服装がわかったら、迷いがなくなり、洋服をほとんど買わなくなりました。

 

服を大量に買ってしまう人は、本当に自分が着たいものにまだ辿り着けていないのかもしれません。

 

年齢とか見栄とかを取っ払って、「自分はどんな服が好きか?」「本当はどんな服装をしたいのか?」を考えると見えてきます。

 

TPOを守っても、好きなテイストを取り入れることは可能です。

 

好きなものがバシッと決まると迷いが消えます。

 

何を着ようか試行錯誤するのも楽しかったですが、今みたいに「自分が着たいもの」がバシッと決まったら洋服をより楽しめるようになりました。