99%のムダを滅ぼす会

時間のムダ・お金のムダ・思考のムダを減らして自由を手に入れる

スポンサーリンク

TODOリストを日ごとに作成したらものすごく効率が上がった


f:id:yukaaaaaaaaaa:20190515085901j:image

会社から早く帰るために、TODOリストの書き方を変えました。

 

 

その日やるべきことだけを書き出す

今までTODOリストは作っていたものの、それはあくまでも「現在やるべきこと」という括り。

 

そのため、今日やるべきもの、今週やるべきもの、今月中でいいもの……と優先順位も締め切りもごちゃごちゃに書いていました。

 

これが非常に見にくく、いつも挫折する原因のひとつでございましたので見直すことに。

 

 

「その日にやること」だけに絞る

手元に置いておくTODOリストを「その日にやること」のみに絞りました。

 

・迷わない

今日やることしか書いていないので、書いてあることをこなせば良い。

 

・時短

何でもかんでも書いて、優先順位の高いことを探していたときより、圧倒的に時短できます。

 

・モチベーションが上がる

そして、これの最も良いところはモチベーション高くいられることですね。

 

それは、リストが終われば帰れるから。

これはテンションが上がります!

 

やり方を変えてから、「今日は早く帰るぞ、うぉー!」と燃えて仕事に取り組むようになりました。

 

 

見やすさとわかりやすさ

TODOリストは見やすい・わかりやすいに越したことはありません。

 

紙があると何でもかんでも書いてしまうのですが、重要なことだけを抽出することによって「今この瞬間に」何をやらなければいけないのかが見えてきます。

 

メモは取り方次第でやる気さえも出してくれます。

メモを取るのは良いことですが、ぐちゃぐちゃなメモでは逆効果です。

 

見返す前提で書くことと、優先順位が高いものは見返しやすくしておくこと。

これが大切です。

 

今回のやり方がすごく上手く行っているので、この調子で続けていきます!