99%のムダを滅ぼす会

時間のムダ・お金のムダ・思考のムダを減らして自由を手に入れる

スポンサーリンク

手帳を続けられない私の手帳

4月始まりの手帳で文房具屋さんは盛り上がっておりますね。

 

手帳はここ数年買っておらず、スマホオンリーです。

手帳を書くのが大・大・大の苦手でございます!

 

ほぼ日手帳のような毎日書くような分厚い手帳にこの上ない魅力を感じるのですが、毎日定期的に書くのが続かないのです。

 

最初は「書きたい!」と思って書くのですが、いつの間にか「書かなくては」という義務感に苛まれ、縛られているような気がして逃げてしまうようです。

 

よってスマホのみでどうにかしていました。

 

 

しかし手帳のメリットはでかすぎる

手帳を全く持たないしここ数年は見向きもしていませんでした。

しかしね、手書きの手帳ってたくさんメリットあるな…とスマホ派の私は思います。

 

①見直しやすい

スマホは便利でコンパクトとはいえ、限界があります。

 

それが一回で見渡せる範囲。

スマホのカレンダー予定を管理するとなると、いちいち予定のアイコンをタップして、詳細はまたタップして……というタップ地獄。

 

で、終わったらまた戻って戻って戻って…みたいな。

 

これってなかなか面倒。

 

逆に手帳って、マンスリーでもでかいもの選べばぱっと一瞬で時間や内容までわかってしまう。

 

確かに書く手間はありますが、一瞬でひと月の予定を見渡せるって地味にスゴいこと。

 

 

②考えを整理できる

考え方を紙に書いて「見える化」すると本当に理解度が違います。

 

考えが一気に整理されるので、同じことを繰り返し考えることが減ります。

 

思い付きをメモするのはスマホのメモ機能で充分ですが、その思い付きを練って深く考えるときは手書きの方がより磨かれると言いましょうか、ちゃんと満足のいく結論が出せることが多いです。

 

やはり最大のメリットは「簡単に見渡せること」ですね。

 

 

気まぐれ人間の手帳

ということで手帳探しをスタートしましたが、中々見つからず。

 

良い感じの手帳を見つけたものの、毎日書かないといけないので書かなくなることは目に見えています。

 

ということで

 

自作することにしました!

 

私の場合は…

・マンスリーは欲しい

・ほぼ日のように1日1ページに憧れるが毎日は無理

・書くときは2~3ページ書いちゃう

・日付や書くところを縛られたくない

 

超気まぐれ。

用意したものは3つ。

 

①ノート

好きなノートを用意。使いかけのノートもOKです。

ミドリ ノート MDノート A5  方眼罫 15003006

私はエディターズノートかMDノートが定番。

 

 

②マンスリーシール

日付入りのを買い損ねたので、何も日付が入っていないものを使っています。

日付の書き込みが少々メンドーですが…そのくらいは耐えます!

カスタムダイアリー グリーティングライフ 月間ブランクシールセット A6 CDCK-32

 

 

③インデックス

ミドリ インデックスラベル サテン カラー柄 83493006

インデックスがあると開きやすさが格段に上がります。

しおりが付いていないノートのときも便利!

 

 

やり方

月初にマンスリー&インデックスをノートに貼る

その後ろに気が向いたときに、メモや日記やアイデアを書いていく

翌月はまたマンスリー&インデックスを貼る

以下エンドレス

 

最初にページ数を決めるからイヤになるので、決めないことにしてみました。

これが良い!!!!!

 

空白の無駄なページができないし、

縛られていないので好きな時に書けるので、精神的に楽ですし、フリーダムです。

 

来月の予定が書き込めないデメリットはありますが、そこはスマホのカレンダーで管理。

 

 

手書きの習慣は捨てない

手帳というよりは日記という感じですね。

 

アプリで管理するのも良いのですが、見直すとなるとやはり紙の方が楽。

 

いや~良い方法が見つけられてよかったです!