99%のムダを滅ぼす会

時間のムダ・お金のムダ・思考のムダを減らして自由を手に入れる

スポンサーリンク

できる人のメモは次元が違う。


f:id:yukaaaaaaaaaa:20190107181904j:image

この間、出会った店員さんの話。

 

若い(おそらく20代前半)女性ですが、すごく仕事ができる方でものすごいスムーズなサービスを受けることができました。

 

私はすごい人を見つけると物凄く観察します。

あまりジロジロ見ると怪しまれるので、ちら見しつつ観察していました。

 

 

彼女のメモ帳がすごかった

私が質問したときにパッと回答が思い浮かばなかったらしく、メモ帳を確認していたんですね。

 

そのメモ帳がすごかったです。

びっしり書かれていることも凄いのですが、それ以上に驚いたのは索引をつけて辞書みたいにしていたこと。

 

質問の項目を探すのも数秒だったので、おそらく、あいうえお順になっていると思われます…

 

あれはもはや辞典レベルだ…。

 

すごい!

 

 

メモの力

話しているとわかったのは、彼女の行動に一切の無駄が無かったこと。

 

彼女の頭の中では全ての項目がひもづいていて、必要・不要の整理がきっちり出来ているんだなーと思いました。

 

それと同時に、自分のメモの取り方を反省しました。

私のメモ帳は殴り書き・永久保存版…みたいな。他人に見せられるシロモノではありません。

 

やはりできる人はメモの取り方やまとめ方が違う!

丁寧にメモをまとめる過程で、自分の知識の整理にもなりますね。

 

私も彼女を見習いまして、仕事のメモを作り直そうと思います。

 

辞典レベルにします!