99%のムダを滅ぼす会

時間のムダ・お金のムダ・思考のムダを減らして自由を手に入れる

スポンサーリンク

時間の管理=自分の管理


f:id:yukaaaaaaaaaa:20180827080733j:image

時間は誰にだって平等に与えられている。

 

なのに、余裕がある人と、常に「時間が無い」と嘆く人差はなんだろう。

 

不思議なもんで、「できる人」とか「忙しい人」と言われる人に限って、「時間が無い」なんて言わない。

 

要は、時間の使い方のうまさだと思います。

時間は作れるとわかっているからこそ、「時間が無い」なんて言わないんですね。

 

わたしが今まで会ってきた「時間が無い」が口癖の人で、出来る人はいたことがありません。

 

 

無駄な時間を省く

少しでも「時間が無い」と思ったら、徹底的に無駄の排除をせねばなりません。

 

恥ずかしいもので、時間が無いが口癖の人って客観的に見ると、時間を無駄に使っている場合が多い。

 

かく言う私もその一人でございました…。

 

無駄に休憩が多かったり、

なんとなく何時間もテレビを見ていたり、

意味もなくネットサーフィンしたり、

どうでもいいLINEのやりとりをしたり、

SNSをなんとなく見たり……。

 

これらのことに1日何時間も使って、それで「時間が無いなぁ」なんて思っていましたからね。

 

「その時間を勉強に割けばいいんじゃないの?」

他人からすると一瞬でダメな部分が見えてしまうのに、自分は無意識だったりします。

 

目の前の「楽」にとらわれて、重要なことを先伸ばしにしているだけなんですよね。

 

「時間が無い」というのは、思い込みであるという場合があるということ。

 

 

どれだけ意識できるか

時間の管理は、つくづく自己管理だなということを思い知らされます。

 

だらける自分にムチを打つことだってあります。

 

時間の使い方なんてみんな自由だし、放っておくと楽な方へ流されてしまうもの。

だからこそ、1日の24時間を有効使えたら、誰よりも充実した暮らしができるはず!

 

そこをどうやって有意義に使っていくかというと、やはり自分の意識を変えるしかないんですよね。

 

わたしは、知人に「時間が無い」と言ったら、「無駄な時間が多すぎ」とダメ出しを喰らいました…。

 

反省して、意味のない時間を減らしたんですね。

そうしたら、平日の残業時間は変わらないのに、なぜか使える時間が増えました。

 

 

1日2時間ダラダラをやめる

意識したのがダラダラ過ごす時間。

リラックスタイムと言えば聞こえは良いですが、何時間もダラダラしていてはしょうがない。

 

無駄にだらだらしている時間を測ってみるというのも、ひとつの手。

 

わたしは、勉強を放棄してスマホいじったりテレビをボーッと見る時間を測ったら、1日に2時間ありました。

2時間もあれば……なんだって出来る。

 

あと、こういう何気な浪費する時間だって積み上げると相当な時間です。

 

1日2時間を12日間続けると、24時間…。

軽く1日分を浪費していることになります。

 

改めて数字にしてみると恐ろしいものですね。

もちろん、ぼけーっとする時間もありますが、それを何時間も続けたりはしません。

 

 

隙間時間を活用する

この2時間だけでなく、通勤時間や隙間時間も全てを勉強や本当にやりたいことに充てるようにしました。

 

わたしね……隙間時間をバカにしていました。

 

チマチマやるより、ドカン!とやった方が良いなんて思っていました。(しかも、ドカンとはやらないというただの怠け者)

 

しかし、5~10分という隙間に読書や勉強をちょこちょこするようにしたら、調子よく進むんですよね。

 

読書なり参考書なりを開けば1ページは読めます。

こういった時間をちゃんと使うようになったのも効果的。

 

塵も積もれば山となるもので、上手く使おうが、無駄に使おうが、結構な時間になるということ。

 

 

時間は使い方

相変わらず残業のある毎日ですが、充実度は増しました。

 

不思議と「時間はある」と心に余裕が出来たら、「めんどくさいから、やらない」が減りました。

最近は、資格の勉強に取り組んでおります。

 

大切なのは、意識をすること。

「今なにをやっているか」

「この時間は無駄じゃないか」

「何時まで続けるか」

意識した途端、変わるものがたくさんあるはず。

 

自分を客観的に見て操作していかないといけないのは、最初は辛いかもしれません。

 

しかし、時間を自分が満足できるくらい上手く使えると、すごく楽しいです!

 

1日27時間くらいになったような気分になりました。