99%のムダを滅ぼす会

時間のムダ・お金のムダ・思考のムダを減らして自由を手に入れる

スポンサーリンク

体調管理のコツ:内臓をあまり使わない


f:id:yukaaaaaaaaaa:20180128134406j:image

酷い風邪を引きまして、しばらく仕事と寝るだけの生活をしていました。

 

 

辛くて食欲も無く寝るだけ。

 

風邪薬は症状を抑えるためのものであって、風邪を根本的に治すものではない……と聞いてからは薬に頼らずゆっくり過ごしました。

 

1週間経ちますが、まだ全快とは言えず……。

 

今回は自分の体調管理の甘さを反省。

 

省エネモードで生きています。

 

 

内臓をあまり使わないことがミソ

体調が悪いときは、温かくしてゆっくり休むのが基本。

 

それに加えて意識したいのが、あまり内臓を使わないこと。

 

特に気を付けたいのが、食事。

 

消化に使われるエネルギーは甚大なのでね…

 

食欲がないときは、食べない。

 

普段もあまり食べない。

すると、あまり疲れません。

 

栄養はむやみに摂りゃいいってもんじゃなく、体が欲していないときは摂らなくていいものだと思いました。

 

 

少食になった

風邪を機に食事を見直し。

 

朝→100%ジュース

昼→スープ1杯

夜→糖質控えめで腹7分目

 

あまり食べないと翌朝はスッキリ目覚めます。

 

休日は好きなものを食べていますが、平日は少食です。

 

やはり平日の方が体が軽いです。

 

「少食の方が長生きする」と言われているように、少食にすることは立派な体調管理のひとつだと思います。

 

 

元気が一番

健康の大切さを改めて実感しました。

 

元気がないと、楽しいものも楽しくない。

 

体調管理は仕事でも大切ですが、楽しく過ごすためにも欠かせないもの。

 

30になってからやけに体調を崩しやすくなってきたので、気を付けたいです…