放蕩娘の帰還

旧「現在片思い中」。自由に、そしてシンプルに。

スポンサーリンク

読書は世界を広げてくれる


f:id:yukaaaaaaaaaa:20181103214934j:image

子供の頃、学校の先生や両親、親戚など大人たちからよく「本を読め」と言われたものです。

 

言うことを聞いて読んだかっていうと、全く読んでないです。

 

子供ながらに「本を読むと頭が良くなる」とは思っていましたが、別に頭が良くなって欲しい願望も、文字の羅列に耐えられる忍耐力も私にはなく、マンガばかり読んでいました。

 

しかし、今ならわかる。

なんで、大人たちがあんなに「本を読め」と言っていたかがね!

 

 

世界を広げるため

本を読ませたい理由は、世界を広げて欲しいからなんじゃないかなーと。

 

本って紙に文字が並んでいるシロモノですが、もう亡くなった偉人の価値観に触れられたり、「天才だ」と言われる人の考えを知ることができたり……と、とんでもない資料なのです。

 

読むだけで一気に世界がどかんと広がります。

 

 

人の考え方に触れることで柔軟性が出る

私が本を読むようになったのは、大人になってからです。

 

大人でも全く読まない人に比べると、色んな考え方や価値観に触れているぶん、柔軟性は高いような気がします。

 

柔軟性というか……「そういう考え方もあるよね」と、すっと受け入れられる力とでも言いましょうか。

 

人って自分の主観でしか生きられないと思うんですよ。

自分の世界しか知らないと、自己中になります。

 

自己中なのは、他人の世界を知らないからです。

自分だけの世界は狭いですよ。悲しくなるくらいに。

 

本を読むと、それがわかる。

 

 

でも読書は大人になってからでもいいかなーなんて

私はあまり読解力がないタイプだったので、読書は大人になってからの方が身になっていると思います。

 

読書は面白くなってきてから習慣化した方が、イヤイヤ読むことの10倍は身になるもの。

 

特に、大人になると、思考パターンがある程度決まってきて頑固になるので、他人の意見に触れておくためにも、読書は大切だなと痛感しております。