放蕩娘の帰還

旧「現在片思い中」。自由に、そしてシンプルに。

スポンサーリンク

タイムリミットを常に意識せよ


f:id:yukaaaaaaaaaa:20181030010213j:image

どうすれば上手く時間が使えるのか。

 

効率的に行動するためのライフハックは沢山あるけれど、それよりも大切なのは自分の意識だと思います。

 

意識が変われば行動も変わるもの。

 

そこで常に意識したいのが「タイムリミット」。

 

 

タイムリミットがスピード感を生む

「◯時までに終わらせなくちゃ!」という焦りにも似た並々ならぬ気合いは、爆発的なスピード感を生みます。

 

確かに焦るとロクなことがありません。ミスが増えますし、心の余裕が無いと態度も悪くなる。

 

しかし、時間に対する焦りは常に持っておくべきだと思います。

 

そのために必要なのは、常に自分にタイムリミットを設けること。

 

時間に制限があるだけで一気に焦りが出ます。

 

「今日は定時で帰るぞ!」

それを絶対に守るという意気込みで行動する。

 

時間制限がないと、ついどこかで休憩を挟んでしまったり、ゆっくり行動してしまったりします。

 

まだ30分あるからいいや~なんて思ってタラタラしていると、いつの間にか時間が無くなっています。

 

タイムリミットがあるだけで、それを極力なくすことができます。

 

 

夜に予定を入れるという荒業

しかし、自分が決めた時間だけでは気合いが入らずついだらけてしまう…という方、いらっしゃると思います。

 

そういうときの取って置きの方法があります。

 

それは、夜に予定を入れること。

 

「今日はあそこに行ってみよう!」というふわふわしたものでなく(それでも大丈夫なのですが)、予約したり、人と会ったり、「時間を守らないといけない」と思えるもの。

 

もうこれが一番です。

私の場合はこれだけで、行動スピードが3倍になります。

 

この間、人と会う約束があった日、どうしても19時までしか残業できなくて猛烈なスピードで仕事をさばいていました。

 

自分でも驚くくらい!

 

しかし、そのあと結局行くのをやめたんですね。

そうしたら、休憩がやけに多くなった…。

 

時間に制限がないと思うと、どこかで甘えてしまうのです。

 

 

自分にタイムリミットをもうける

やはりタイムリミットってすごい力を持っていますね。

 

普通、予定って「あっこの日は帰れそうだな」ってときに入れるじゃないですか。

 

私は違います。

ガンガン入れる。行きたいときに行く。

 

時々それで自爆して、そのシワ寄せで遅くまで残業することもありますが。

 

あえて予定を優先的に入れちゃうってのは、楽しみが出来るうえ、仕事の効率も上がる最高の方法だと思いますね。

 

プライベートの充実なくして、仕事の充実は無いです。本当。

 

とにかく常に時間は意識する。

どんな使い方をしても、刻一刻と過ぎていくし、決して戻ってはこないからです。