放蕩娘の帰還

旧「現在片思い中」。自由に、そしてシンプルに。

スポンサーリンク

メイクのバリエーションってひとつでもいいよね

メイク道具を整理しました。

 

全部同じブランドで揃えていたのですが、やはり全てのアイテムが使いやすいかって言うとそうでもないので…(ごめんなさい)

 

ブランド品よりよプチプラの方が優秀で使いやすいときっていうのは結構あるもんで。

 

ということで、自分が使いやすいアイテムを揃えることにしました。

 

 

最近のコスメ


f:id:yukaaaaaaaaaa:20181024001944j:image

①ファンデーション

クリニーク。

無香料、アレルギーテスト済みということで安心感が。

これはナチュラルに仕上がります。

 

 

②パウダー

オーガニックが好きだったときに買った、ナチュラグラッセのパウダー。

ファンデーションが崩れにくいので、パウダーはオーガニックでも大丈夫です。

 

 

③チーク

MAC。

チークはピンクが好き。

 

 

④ハイライト

キャンメイク。

ピンク&ラベンダーのハイライト。

ラベンダーのハイライトは透明感が出るので、目の下に。

ピンクは目頭と鼻筋に入れて柔らかい雰囲気に。

 

 

⑤アイシャドウ

MAC。

使いやすいブラウン系。一番人気のある色だそう。

ツヤ感は強めですが、色味がナチュラルなので仕事も休日もこれ一個で。

 

 

⑥アイライナー

ラブライナーのダークブラウン。

非常~に描きやすい。

 

 

⑦マスカラ

モテマスカラのコームタイプ。

 

コームタイプのマスカラはこちらが初めてですが、あまりの使いやすさに感動。

 

 

⑧アイブロウパウダー

こちらもMAC。

 

3色入っているので、濃さが調整できます。

ハイライトが入っているのでアイシャドウにも…と言いたいところですが、薄づきなので眉専用。

 

 

⑨眉マスカラ

ヘビーローテーション。

 

これは世界一、いや、宇宙一のアイテムでございます。

 

 

化粧は頑張らなくていいと思う

アイテムは少なめです。

化粧品って量が多くて使いきれないんですよね…

 

それにアイテムが多いと迷うので……選択肢を少なくして、なるべく考えない方向に。

 

いや、お化粧が好きなら、たくさん持っていても良いんです。

バリエーションが多いと、それだけ楽しめますし。

 

しかし、一瞬でも「面倒だ」と思ったり、ただの作業になってしまっている場合は、メイクのバリエーションは多くなくていいと思う。

 

自分が一番魅力的に見えるメイクが1通りあればいい。

 

それはファッショナブルな人からすれば、つまらなく見えるかもしれません。

オンオフをまかなうのでナチュラルになりますしね。

 

しかし、これが好きです。

自分の常に変わらないもう1つの顔がある…という感覚に安心感を覚えるというか。

 

なので、メイク道具は各アイテム1個ずつで、いつも同じメイクです。