放蕩娘の帰還

旧「現在片思い中」。自由に、そしてシンプルに。

スポンサーリンク

過去を振り返るのは記憶の中だけでいい


f:id:yukaaaaaaaaaa:20181007173628j:image

成人式の写真を捨てました。

(バレたら母親から怒られる)

 

思い出は記憶の中だけでいいと思っているので、写真に残す習慣が無いし、見返すこともありません。

 

正直、私にとって写真って不要品なんですよね。

 

成人式の写真は母親がしっかり持っているようなので、自分が持っていた分は捨てました。

 

成人式の写真って持っていなくても大丈夫だと思うんですよねー。

使うのってお見合いか遺影(縁起でもない)くらい?

 

別に都度撮影すればいい話なので、いらんぞこれ…。

 

結局、捨ててしまったわけですが、微塵も後悔しておりません!むしろ清々した。

 

私はどうも過去を振り返るのが苦手なのです。

 

ドン底といえるほどの経験をしたわけではありませんが、どうも過去に縛られることが成長の妨げになるようで耐えられない。

 

反省のために振り返ることはありますが、「あの頃は良かった」という振り返りはしません。

 

「あの頃は良かった」と言った時点で現実は何も変わりませんからね。

 

実際、常に「今」が最高だと思って生きています。

今の選択が将来に多大な影響及ぼすので、過去を振り返っていられる時間は少ないはず。

 

思い出の品に関しては、ほっこりするとか、楽しい気持ちになれるとか、ポジティブな気持ちになれるのであれば、それは必要なもの。

 

私にとって写真は、「あのときああしればよかった…」というネガティブな感情しか生まれないものだったので、断捨離。

 

思い出の品を捨てるのが一番難しいし、迷うなら捨てない方がいい。

 

しかし、捨てたいのだったら捨てちゃって良いと思います。