放蕩娘の帰還

旧「現在片思い中」。自由に、そしてシンプルに。

スポンサーリンク

仕事服は自己投資だ

「仕事服は将来の自分への投資」

そんな言葉に胸を打たれた今日この頃。

服を味方にすれば仕事はうまくいく ネイビージャケットからはじめる働く女性のファッションルール

スーツや仕事服の本を読む度に、気を引き締めていかなければならない…と、そんな気持ちになります。

 

私は仕事では、こちらの本に忠実な服を着ています。

 

白いブラウス+ダークカラーのタイトスカート+黒いパンプス。

なにかあったときの為にネイビーのジャケットを会社に常備。

 

モノトーン以外の色の使い方も紹介されているのですが、大切なのは以下だと思います。

 

・ジャケットが肝。

・色は白・紺・黒・グレーのベーシックカラー。

・オシャレ不要。コンサバティブに。

・自分が買える範囲で最高のものを。

 

後輩に「洋服の色って決めているんですか?」と聞かれるほど、毎日デジャヴュな服装です。

 

シルエットとか柄とかでマイナーチェンジはしているんですけど、パッと見の印象はおそらく同じ。

 

考えるのが面倒くさくて、いつも似たような服装に。

見た目はオシャレとは程遠いと思います。

コンサバティブなので、THEオフィス!みたいな感じですもん。

 

しかし、思い返してみれば、この表紙の帯に書かれていることが全く無い。

 

「実力に見合った評価をされない」

→そんなことはありません。

 

「クライアントから信頼されない」

→そんな態度を取られたことはありません。

 

「部下にナメられる」

→部下どころか誰からもナメられたことがありません。

 

「親しみを持たれにくい」

→周囲は好意的な方ばかりです。

 

「取引先に下に見られる」

→丁寧にご対応いただいています。

 

「女子扱いされる」

→会社の男性から女性に対する思いやりは感じますが、女子扱いをされたことはありません。

 

「男社会の中で浮いている」

→男性陣の中でも同じ「仲間」として認識されています。

 

恐ろしいのは、これらのことが服装ひとつでほぼ解決されてしまうということ。

 

これは、ファッション雑誌が提案している「オフィスカジュアル」を実践すると、仕事が上手くいかなくなる可能性があるということでもあります。

 

仕事が上手くいく洋服って、オシャレな人からすれば超つまんない代物かもしれません。

 

最近すっかり聞かなくなったコンサバで、かつモノトーン………遊びが無くてつまらん。

 

逆に言うと、オシャレをしなくて良いので楽なんですよ。

スーツか、ジャケット・タイトスカートを揃えてしまえば、もうそれを着回すだけ。

 

オシャレを取るか、仕事を取るか……

まあちょっと大げさかもしれませんが、そのくらいの威力を持つのが服なんだと思います。