放蕩娘の帰還

旧「現在片思い中」。自由に、そしてシンプルに。

スポンサーリンク

決め手はスピード感。


f:id:yukaaaaaaaaaa:20180926153247j:image

スピードのある人って、どの分野でも信頼される存在なのではないでしょうか。

 

仕事相手や店を選ぶ基準としても、対応の早さで選べば間違いないと思います。

 

仕事が遅くて怒る人はいても、早いからと怒る人ってほとんどいません。

 

 

ライバルが多いときほど顕著に

最近、引っ越すことにしたので、ネットで数社に一気に見積りを依頼しました。

 

依頼ボタンを押した1分後、1社だけ電話をしてきまして。

 

これが平日の真夜中。

これを「夜中に迷惑だ」とマイナスに捉える方もいらっしゃるかもしれませんが、わたしは逆で、そのスピード感に感動したクチ。

 

一応他社で見積りは取ったものの、このスピードを持つ会社は他になく、一気に大本命に。

 

ちなみに、3社に見積りを依頼して、1社目は1分後、2社目は翌日、3社目は3日後に連絡がきました。

 

翌日に連絡すればいいところをその瞬間に連絡する。

このスピード感には目を見張るものがあります。ブラック企業のニオイがプンプンしますけどね!

 

熾烈なライバル争いを勝ち抜くには、「すぐやる」。

こういった行動力が物凄い武器になります。

 

 

スピード=情熱・やる気・信頼

行動をするまでのスピードが早ければ早いほど、印象は上がるものです。

 

行動のスピードが早いと情熱ややる気があるように見えるし、そうすると信頼も生まれる。

 

しかし、すぐ行動に移せる人って結構少ないんですよ。

どうしても後回しにしてしまう。だからこそ、スピード感のある人って目立つし、好感度も上がるのです。

 

 

とりあえず着手する

ただこのスピード感って、作業スピードではないと思っています。

別に早く終わらせようとしなくても良いんです。(もちろん早くおわった方が良い)

 

まず必要なのは言われてから、行動するまでのスピード。

この頼まれてから実行までに時間が掛かる人が多い。

 

わたしも後回し派でした。

締め切りさえ守りゃあいいや~みたいな。

 

でもこういう態度って他人から見るとわかるんですよね。

むしろこの行動で好感度が落ちます。

 

「急ぎじゃないから」って言っても、チョッパヤで終わらせると喜ばれますもん。

そう考えると、急ぎじゃないからって甘えていられないということです。

 

多分、超スピードのライバルがいたら簡単に蹴落とされます。

 

 

自分のためにもなる

スピード勝負の人って重宝されますが、決して人のためだけではありません。

 

行動が早くなると、自分にとってもメリットが多いんですよ。

 

①時間ができる

言わずもがな。「やろうかな、やめようかな」なんて言っている時間が消えるわけなので、時間ができます。

 

②心に余裕ができる

正直、やらないといけないのに先延ばしにしていることって、思い出すたびにイヤーな気持ちになるじゃないですか。

行動にうつした瞬間に「あれやらなくちゃ」と悶々とする時間が無くなるわけですから、余裕の生まれます。

 

 

「すぐ着手」を習慣化する

ちょっとでも良いから、とりあえず手を着ける。

頼まれたら1秒後には始める。

 

行動に移すまでのスピードを限りなく早くする。これが大切。

 

まず着手するまでのスピードを上げること。

それが身につけば、いつの間にか相手を追い越せます。

 

スタートが早ければ、ゴールも早くなるというもの。

 

そうすると、「言われる前にやる」が出来るようになります。

「あれどうなってる?」と聞かれる前に終わらせる。

 

これでもう最強です。