放蕩娘の帰還

旧「現在片思い中」。自由に、そしてシンプルに。

スポンサーリンク

物を買い足すときの基準


f:id:yukaaaaaaaaaa:20180905090934j:image

買い物の度に「本当に必要なのだろうか」と考えるのは良いことなのですが、我慢しすぎはよくありません。

 

確かに、ただ「集めたい」という欲求だけで買ったり、無駄に多くストックしたりは考えものですが、本当は必要なのに買わないというのは時間を無駄にしています。

 

「物を増やしたくない」という心掛けは素晴らしいのですが、不便を我慢してストレスを抱えてしまうのであれば、潔く買うべき。

 

私も最近ありました。

「我慢すれば…」「努力すれば…」と言い訳して買わなかった物がね!

 

 

それはアイブロウペンシル

エクセル パウダー&ペンシルアイブロウEX PD01 ナチュラルブラウン

眉尻……そこは気合いと技術が交錯する場所…。

眉尻を描くのが一番難しくないですか。

 

パウダーと付属のブラシだけで頑張っていたのですが、難しい!

特に急いでいるときにパウダーでキレイに眉尻描けるかっていうと、私には技術的に不可能です。

 

結局ペンシルを買い足しました。

 

すんごい急いでいても、眉尻カンペキ。

もっと早く買えばよかった…。

 

メイク時間も短くなったので万々歳です。

 

メリットが2つ以上あるなら迷わず買う

迷わず買うべきは、「メリットが2つ以上あること」だと思います。

私の場合、時短ともう一つ何かメリットがあれば、すかさず買うことにしております。

 

今回のアイブロウで言うと、時短・楽さ・綺麗な眉毛の3つがメリットとして手に入りました。

もっと早く買っても良かったですね。

 

 

迷う時間はもったいない

「これを買っていいのだろうか」と考えている時間って結構長くないですか?

 

私の場合、ずーっと一つの物を買おうか悩んでしまうことが多いので、「メリットが2こ以上あれば買う」と、割り切ることに。

 

これを考えてみると、本当に必要なのか、ただの所有欲かがわかることが多いです。

 

最近、猛烈にバッグが欲しくなったときがあって、メリットを考えてみたのですが、「持っているとカッコいい」というなかなか空っぽな理由が1こしか思い浮かばなかったのでやめました。ただの見栄です。

 

こんな感じで、何を買うかという基準を明確にしておくと迷いませんし、無駄買いを防げます。

 

無駄出費を回避したら、本当に欲しいものに出会う日までは温存します。