現在片思い中

毎日を輝かせるヒント

スポンサーリンク

「着ていく服がない人」にほど、どシンプルなアイテムを薦めたい


f:id:yukaaaaaaaaaa:20180711092415j:image

着ていく服が無いと嘆いている人。

 

こういう人って、オシャレや身だしなみにちゃんと気を使える人だと思います。

決して悪いことではないんですよ。

 

外見に無頓着な人って、そもそもそんなこと言いませんしね。

 

しかし、「着ていく服が無い」という悩みは、かなりストレスだと思いますね。

 

だって、イベントとかおでかけ前はワクワクよりも「服どうしよう…」という不安が多いわけですし。

おまけに、そういうイベント前には必ず服を買うでしょうし。

 

しかし、そのときにいい感じの服を買ったとしても、まだ「着る服がない」という嘆きは終わらないわけです。

 

何故かって、買い方が悪い。

多分買い物が上手くないから、「着ていく服がない現象」がおさまらないのでしょう。

 

正直、服はある程度買えば、ことあるごとに買い足さなきゃいけない事態にはなりません。

 

初めての登山とか、海とか、社交界のパーティーがあるとか……非日常的な予定があるときは買いますが、街でデート、会食、ライブとかであれば手持ち服で対応できる範囲のはず。

 

むしろ対応できないと、無駄が続いていきます。

そんな無駄をなくす為にも、常に臨戦態勢のクローゼットにしておく必要があります。

 

 

なぜ着る服がないのか

買い物が下手だからです。

原因は色々ありますが、こんな感じかと思います。

 

・似たようなものばかり買う

・手持ちのアイテムと着回しできないものを買う

・奇抜なアイテムしかない

・店員さんに言われるがままに買う

・「とりあえず」で買う

 

買い物の失敗原因をコンプリートしている人が多い。

 

 

どうするか

最低限持っておくべきアイテムを決めておくのが一番かと思います。

 

・シンプルなTシャツ、カットソー

・きれいめブラウスorシャツ

・デニム

・きれいめパンツ

・スカート(タイトかフレアで似合う方)

・ワンピース

・パンプス

・スニーカー

 

最低限、これを持っていれば、おでかけ着には困らないはず。

むしろ365日これだけでカバーできます。

 

あとはチョイスの仕方ですね。

ベースになるアイテムは、なるべくシンプルなもの!

結構、個性を出そうと思って、ひねりの効きすぎたデザインのアイテムを選ぶ人がいますが失敗の原因です。

 

「着ていく服が無い人」ってのは、結構個性的なアイテムや自分好みのアイテムは持っているはず。

なので、シンプルなアイテムを足すことで、すごく着回しができるようになります。

 

「シンプルな服ってつまんない」って思う方もいるかもしれませんが、1枚シンプルなTシャツを投入するだけでぐっとオシャレになる可能性が高いです。

 

クローゼットには1軍服を

「着ていく服がない…」

 

わたしも以前は、予定が入る度にぶつぶつ呟いていた言葉です。

 

ちょうど断捨離を機にその状態から脱したわけですが、やはり「着られるものしかないクローゼット」は楽しい。

 

無駄が無いとストレスが減ります。

悩まなくて済むし、時間もできる。

 

クローゼットをキープするコツは、買い物では欲を捨てて「本当に使うアイテム」を見極めること。

これが大切だと思います。

 

やはり一番大切なのは、「何を買うか」ということ。

 

買い物さえ上手くいけば、服で悩むことはなくなっていくはずです。