現在片思い中

毎日を輝かせるヒント

スポンサーリンク

自炊がベストだとは限らない


f:id:yukaaaaaaaaaa:20180626010317j:image

 

ほぼ100%自炊ってすごいですが、一人暮らしの自炊ってすっごくコスパが悪い。

 

・自分の味に飽きる

・少量の材料を揃えるとかえって割高

 

これは、わたしの技術不足もあるかもしれません。

 

しかし、精神的にもコストもすごく負担が大きいように感じて、ガチガチの自炊生活はやめました。

 

 

自分の味に飽きる

食べ歩きや外食が趣味でないワタシにとって、一人暮らしの食事は義務的な要素が強いです。

 

やっぱりね……食事って、家族や恋人、友人と楽しく食べるから美味しいんですよ。

 

そんな感じで、結構作業的に。

 

作業的なら別にこだわらなくてもいいじゃないか…という感じですが、いつも自分の料理って猛烈に飽きるんですよね。

 

ルーティン化が苦手なわたしにとっては、なかなか苦痛であります。

 

 

「一人前」ほど難しいものはない

わたくし自身、6人家族だったもので、6人前しか作ったことがない。

 

意識して少なく作っても2人前になっちゃう。どうして!?

 

そんでもって、野菜はなるべく小さいものを買うのですが、かえって割高なんですよね。

おまけに使いきれない。

 

最初は「作りおき」をしたのですが、なんせ超気分屋なもんで、毎日食べたいものが違う。

 

それで材料を買い足して別のもの作ってはいたのですが、冷蔵庫が爆発してくるんですよね。

 

もうね、大変。

上手くやってる人が眩しくて直視できません。

 

もうね、自炊しない日を設けることにしました。

 

 

ゆる自炊のコツ

・惣菜が安いところに住む

100%外食でも財布が痛まないぜ!って人以外は、物価が安いところに住むのがよし。

 

東京だと下町とか、商店街があるところがオススメ。

 

最低でもスーパーあるところが良いですね。

 

街中は交通の便が良いですが、スーパーが無いところもあります。

 

 

・冷蔵庫に常備するのは腐りにくいもの

基本的に野菜は買わなくなりました。

 

冷蔵庫にあるのは、パスタや春雨、マカロニなど。

あとは賞味期限の長いベーコンとかハム。

そして、ピンチのときの冷凍食品。

 

これくらいです。

野菜が欲しいときはカット野菜を買っています。

 

無駄にならないし、いろんな種類が入っているのでかえってありがたい。

 

 

・猛烈に食べたいものは作らないで買う

唐突に食べたくなるものってあるじゃないですか。

 

わたしの場合は、カレーライス。

しかし、作ろうと思って材料を揃えると結構な出費。

おまけに、量が多すぎ。

 

こういう突発的に食べたくなるもの、1回食べれば満足するものは、買う。

 

 

・お昼だけは100%自炊

晩御飯は作ったり作らなかったりですが、普段のお昼はお弁当持参です。

 

素敵なお弁当でなく、サラダとかサンドイッチとか簡単に作れる系のもの。

 
f:id:yukaaaaaaaaaa:20180626071035j:image

 

簡単なものしか作らないので、コストは100円以下だと思われます。

面倒くさいときは、バターとジャムを塗るだけなので1分で出来ます。

 

自炊は確かに安い。

夜の気まぐれな総菜生活のコストはここで相殺されているのかも。

 

 

自炊は素晴らしいけど…

自炊してる人はすごい。

こんなに難しいことってないと思います。

 

食材を使いきる、ちゃんと作る、食べる……って簡単にできるものじゃありません。

 

料理が好きな人や上手い人は良いと思うのですが、そうでなかったら結構大変。

 

やはり何事もガチガチじゃない方が上手くいくもの。

 

自分なりのペースを見つけることが快適な生活への第一歩です。