放蕩娘の帰還

旧「現在片思い中」。自由に、そしてシンプルに。

スポンサーリンク

「1人でも生きていける」という確信


f:id:yukaaaaaaaaaa:20171126105943j:image

結婚は依存だと思っていました。

 

 

わたしが小さい頃は共働きの方が珍しくて、専業主婦の方が圧倒的に多かったです。

 

かく言うわたしの母も専業主婦。

社会に出ないで結婚したものだから、働ける自信もなかったそう。

 

「離婚されたら行くところがない」

 

お金が無いと生きていけない世の中、こうして非常に依存度が高くなってしまうのです。

 

嫁姑問題でモメても、じっと耐えるしかない。

夫婦喧嘩しても、我慢するしかない。

 

さぞ大変だったと思います。

 

もし仮に、母が自分で稼いで「一人でも生きていける」という確信を持っていたら、わたしは生まれていなかったでしょう。

それか離婚してましたね。多分。

 

思った。

「一人で生きていける」状態こそ、生きやすくするための手段なんだってね。

 

経済的にも精神的にも自立した、一人でも生きていける状態。

 

これができるようになってから初めて、結婚か独身かを考えられるんじゃないかと思います。

 

結婚っていうのは依存じゃなくて、自立したもの同士がくっついてこそ続いていくものなのですね。