放蕩娘の帰還

旧「現在片思い中」。自由に、そしてシンプルに。

スポンサーリンク

似合う服を着ると勝手に「きちんと感」が出る


f:id:yukaaaaaaaaaa:20171126102413j:image


職場で服装がラフ過ぎると注意を受けていた子がいました。

 

 

周囲と似たようなオフィスカジュアルなのに、なぜかその子だけ注意されるという一見不都合なこの出来事。

 

他にカジュアルなアイテムを身に付けている人もいるのに何故?…と思ったのですが、原因がわかりました。

 

ただ、似合っていないだけ。

 

似合わない服を着ると、どんなに良いアイテムを身に付けていたって素敵に見えません。

 

 

サイズが合っていない

 ダボダボとピチピチは印象を悪くします。

 

普段着でもあまりカッコイイもんじゃありませんね。

 

もちろんオシャレとしてのダボダボはアリですが、「楽だから」「少しでも細く見せたい」というようなダボダボ&ピチピチは高確率で微妙に見えます。

 

 

素材がラフ

冬と言えばニット!

 

ですが、ニットならなんでもOKというわけではなくて、ざっくりすればするほどカジュアルな印象に…

 

部屋着みたいなモコモコやラメ入りは致命的。

オフィスには向きませんね。

 

 

パジャマみたいな色

オフィスカジュアルでOKなパステルカラーは、シャツやブラウスなどカチッとしたアイテム限定だと思います。

 

ニットもハイゲージなら良いですが、ざっくりニットでパステルカラーを選ぶとパジャマにしか見えません。

 

 

難しい服選び

かといって、一番ベーシックなスーツやシャツ×タイトスカートが良いかって言うとそうでもないんですよね。

 

体に合っていないスーツよりも、似合っているオフィスカジュアルの方が素敵に見えるのもまた事実。

 

似合っていない服の威力は大きく、印象は落ちます。

 

結果的に似たようなアイテムでも……

 

似合っている人はきちんと感があってオシャレだと褒められ、

 

似合わない人は「ラフすぎる」と注意されてしまう。

 

布一枚でここまで差が出てしまうって怖くないですか。

 

・ジャストサイズ

・きちんと感のある素材

・試着で似合うシルエットか確認

 

ここを妥協しちゃいけないんですよね。

 

似合う服を身に付けるだけでも、印象や評価は上がってしまうものなのです。