放蕩娘の帰還

旧「現在片思い中」。自由に、そしてシンプルに。

スポンサーリンク

思い出の楽しみ方


f:id:yukaaaaaaaaaa:20171119151814j:image

思い出の品は最低限。

 

思い出は思い出して楽しむことにしています。

 

スマホで写真もろくに撮らず、思いっきり楽しむ!

 

残すことよりも、全力で楽しむことに神経を使った方が思い出したときの喜びもひとしお。

 

 

思い出は過去でしかない

思い出は思い出として「今」を楽しんだ方が思い出の価値も上がると思っています。

 

傷ついた出来事だって、良い形で思い出せるから。

 

例えば、過去の失恋。

 

当時はショックで泣いたけども、今ではカッコいい人だったな~とか、優しい人だったな~とか、散々迷惑掛けたな~とか。

 

失恋したにも関わらず、時々当時のトキメキを思い出して懐かしんでいる自分がいます。

 

いい思い出です。

 

それは「今」を大切にしているからだと思います。

 

 

「今」を大事にする

「今」という時間を楽しんで充実させることは、過去さえも楽しくしてしまうものなのです。

 

これができていないと、過去の中でしか生きられなくなってしまいます。

 

いますよね。

「あの頃は良かった…」と20年も前の話しかしない人。

 

これではつまらない。

 

本人は良いのかもしれませんけどね。

 

こういう人がもし現在に目を向けて楽しんでいたら……もっと輝くと思います。

 

楽しんでいる人は「今」を大切にしている人。

 

常に「今が一番楽しい!」と思えるように生きていたいですね。