現在片思い中

毎日を輝かせるヒント

スポンサーリンク

失敗しないオフィスカジュアルとクールビズ


f:id:yukaaaaaaaaaa:20170625084948j:image
先月からクールビズですが、やっと服装が落ち着きました。

 

 

オフィスカジュアルでクールビズだと、ついカジュアルな服を着たくなりますが、そこはぐっと我慢。

 

カジュアルと言えど、全くカジュアルにできないのがオフィスカジュアル。

 

ファッション誌を参考にすると自爆します。

 

やはりまだまだ男性社会。

男性視点でのファッションが必要になってくるのですね。

 

 

ミリオネーゼのファッションルール

『ミリオネーゼのファッションルール』

(ジョン・T・モロイ著、八重田暁子訳・2005年・㈱ディスカヴァー・トゥエンティワン)

 

によると……

・何でも好きな服を着ていいのではない

・カジュアルなドレスコードは、女性全般に不利

・カジュアルなドレスコードは太った女性に特に不利

・上司がきちんとした服装ならそれに合わせなければならない

・カジュアルデイにもコンサバティブな服装をする女性が有利

 

全くカジュアルはできません。

 

競争相手よりきちんとした服装しなければいけない

 

業界や職場の雰囲気、同僚の服装などを考えた結果、私の出した結論は、男性同様スーツのジャケット無し

 

基本的に白ブラウス×紺タイトスカート

 

たまにニットを合わせています。

 

 

結果

やっぱりね、きちんとした服装は印象をぐっと良くしてくれます。

 

あと、必要以上に気を使われない。

 

ヒラヒラした服だとどうしても、「か弱さ」という部分を強調してしまい「女の子扱い」されている気がしてなりません。

 

しかし、ヒラヒラや可愛さを排除し、コンサバな服を着ていると、女性として尊重されている感じがします。

(これで真面目に働きつつ、男性ができないような気遣いや配慮が出来たら……最強なのではないでしょうか?)

 

服装ひとつでここまで変わるのか!

 

本当にカジュアルな服のときよりも、信頼されるスピードが早くなりました。

 

同じくらい仕事のできる人が二人いた場合、きちんとした服を着ている方にチャンスが行くのは本当だなと。

 

やはり視覚的な効果はでかい。

 

「仕事さえちゃんとやっていれば良い」というものではないんです。

 

服も仕事の内だと思って、コンサバのに徹するべきだなと改めて実感いたしました。