現在片思い中

毎日を輝かせるヒント

スポンサーリンク

髪を綺麗にすると見た目も心も運も良くなる

美容室にはどのくらいの頻度で行きますか?

 

 

前ふと美容師さんとの会話で「毎月来ていただけると、常に綺麗でいられるんですけどね」と言われたことがあります。

 

実際は3ヶ月に一回ペースの人が多いみたいですが、美容師さんに言わせるとそれは長いそうです。

 

私からすると3ヶ月って、マメに行っている方だと思いますけどね…。

 

ここ何年も髪を長くしているので「結べばどうにかなる」と半年平気で髪を切らないこともありました。

 

しかし、半年も経てばボリュームも増すし、傷むし、見た目も残念です。

髪が全く言うことを聞かなくなります。

 

反省して、最近は3ヶ月に一回は行くようにしています!

 

 

髪の重要性

髪の毛って結べば案外どうにかなるし、放置しても死なないので、後回しの人って多いと思います。

 

私もそうでした。

仕事のときは結んでしまうので、「行くヒマないからいいや~」なんてことが、しょっちゅう。

 

休日のお出かけでは髪を下ろすことが多いのですが、髪を切っていないと爆発気味です。

 

家族に「その爆発した頭でどこに行くの!?」と言われることもしばしば。

 

まあその爆発頭でデートとか行ってましたからね!相手には申し訳ないことをしました。

 

どんなに良い服を着ても、髪がボサボサだったら一気に残念な感じになります。

 

髪って大事なんですよ!

 

女の運命は髪で変わる

女の運命は髪で変わる

 

 髪なら、ブスでも褒められる

インパクトのある言葉ですが、全くもってその通り。

 

美容室帰りって、街の人に振り返られますもん!

 

カットしてトリートメントしてセットしてもらって……ツヤツヤでバッチリの髪。

 

髪が綺麗なことって、つい振り返って見てしまうくらいすごい威力を持っているんですよね。

 

 

どんなに忙しくても2か月に1回、美容院に通うようになりました。

すると不思議なことに、仕事もプライベートも突然順調にすべり出したのです。

私も髪を整えるようになってから良いことが続くようになりました。

 

髪は見た目だけでなく、心や生活までも変えてしまうものなんだなーと実感しています。

 

 

「似合う髪」よりも「なりたい髪」のほうがはるかに大事

洋服を選ぶ基準を「似合うこと」優先にしていたのですっかり、「なりたい髪」というものを考えていませんでした。

 

「ロングの方が似合うね」

「茶髪よりも黒髪の方がしっくりくるね」

 

と言われるので、ここずっと黒髪ロング。

 

私も自分にはこれが似合っているんだと思い込んでいました。

 

しかし、この本を読んでこの言葉を見てハッとしました。

 

私がなりたいのってこの髪型じゃない…

 

茶髪のふわふわパーマが良いんです!

 

長らく「なりたい髪」っていう視点が抜け落ちていましたが、目が覚めました。

 

冬は髪をがらっと変えます!

 

 

自分の髪を好きになる

洋服のように髪型を変えるのを楽しんでいきたくなりました。

 

「似合うこと」も大切ですが、それ以上に「こういう風になりたい!」という気持ちが大切だと思いました。

 

ついつい断捨離で物を減らそうと考えていると、つい効率の良さしか目に入らなくなってしまうんですね私。

 

やはり「好き」という気持ちを追っかけることは大事。

 

好きなことをやってれば、勝手に似合ってくるような気がします。

 

周りの「ロングが似合うね」という言葉もただ「見慣れている」ということだけかもしれませんしね。

 

基準は他人ではなく自分!ハッとする一冊でした。

 

美容室に小まめに通うのってなかなかコストも時間も掛かりますが、それ以上の効果があると思います。

 

これからは髪を顔の一部だと思って大切に扱っていきます!