読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現在片思い中

毎日を輝かせるヒント

スポンサーリンク

結局は年相応のファッションが一番若く素敵に見える

ファッション

年のわりにやけに老けたファッションも悲しいですが、若作り過ぎるのも良くないですね。


f:id:yukaaaaaaaaaa:20160417154017j:image
特に年齢のわりにやけに服装が若いと、かえって老けて見えます。

 

タータンチェックのフリフリなミニワンピにモッズコートを着ている人がいたのですが、明らかに40代。
 
好きで着ているのでしょうが、その人の雰囲気に合ってないんですね。
ファッションは自己満足的な面もあると思います。
 
しかし、もっと似合うものの変化を受け入れて、そのときの自分に合ったものに変えていけばすごく素敵になると思うんですよね。
 
私もアラサー。
25歳あたりから、年相応のファッションについて考え出しました。
 
 

アラサーになってやめたもの

キャラクターもの

どんなにオシャレなデザインでもキャラクターや動物が描かれているものはやめました。
 
パジャマか、ディズニーランドとUSJで着るくらいです。
 
 

ポップな柄物

ポップな柄はやめました。

昔はハートとか星とか好きだったのですが、やはり落ち着きのあるファッションにしたかったので卒業。
 
全く着ないわけではなくて、さりげないドットやピンストライプやチェックは着ます!
 
 

レース×リボン

レースとリボンの組み合わせってなんであんなに可愛いんでしょうね……大好きです。
 
でも甘くなりすぎるので、コテコテのものは避けています。
 
なるべくシンプルでシックなものを選ぶように。
 
 

アラサーになってから気を付けていること

バッグと靴は高く見えるものを

小物が安っぽいと全体が安っぽく見えてしまいます。
 
実際の値段は安くても高くても、安っぽくは見えない物を選びます。
 
 

使い捨てを減らす

昔は安い服を使い捨て感覚で買っていました。実際はあまり捨てず溜まり放題でしたが……
 
言ってしまえば服や小物も消耗品。それでも、今はなるべく長く使えるものを取り入れています。
 
例えば、リネンやレザー。
リネンは着れば着るほど柔らかくなるし、レザーは使えば使うほど手に馴染んでツヤが出てきます。
 
長く使える物を取り入れるようにしています。
 
 

無地やシンプルなもの中心に

柄や奇抜なものは避けて、なるべくベーシックな形を選んでいます。
 
シンプルなものでも、形や素材、サイズを厳選すれば、すごく洗練されて見えます。
 
 

服装が若いからって人間が若返るわけではない

少なくとも服装で極端に老けて見えるっていうことは、似合っていないってことですよね。
 
年を重ねるにつれて似合うものは変わってきます。
 
ガーリーな路線でも、10代ならフリフリりぼんが似合っていても、25あたりからイタイ人になってきます。
 
でも、ガーリーな路線は変えなくても大丈夫だと思うんですよね。
さりげないレースのブラウスにしたり、リボンは靴だけにしたりと、アレンジのしようはあります。
 
ただ、ティーン用の服はティーン用です。
入るとか入らないとかではなく、やはり若さが全面に出たデザイン。

レースだけでなく装飾が派手なものも多いです。

顔も体も雰囲気も変わっていきます。だから服が年齢とそぐわなくなってしまうんですね。
 

洗練された大人の女性を目指す

やはり年齢が上がってきたら、そぎおとしていくことが大切なんじゃないかなーと思います。

若いときはネックレスの重ね付けだけど、年代が上がってきたらパールの一連ネックレスとか。
ピアスも揺れるものでなくて、一粒ダイヤをさりげなく着けたりだとか。

年を重ねて経験も積み重ねてきたぶん、オーラや雰囲気にも深みが増します。

それを下手な装飾で隠すのはもったいない。
ここはシンプルに最低限の装飾で美しく見せるのが大人の女性かなと。

私もアラサーになってからは、シンプルで洗練されたファッションを目指すようになりました。