読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現在片思い中

毎日を輝かせるヒント

スポンサーリンク

服を減らして感じた7つのメリット

今のところ、服はコート・トップス・ボトムスあわせて25着ほど。

 
大体、ワンシーズン上下3~4着ずつでローテーションしています。
 
服は多ければいいってものでもない。
 
服を減らすメリットは大きいです。

 

 

①省スペース

前はタンスとハンガーラックがパンパンでしたが、今は無印良品のハンガーラックひとつに納まっています。
 
部屋が広くなりました。
 
全てハンガーに掛けているので、たたむ手間もナシ。
 
 

②迷わない

迷いようがありません。
 
洗濯して干しているものもあるので、その日に着られるものって1着、多くて2着。
 
前日に「明日なに着ていこうかな~」とファッションショーをすることはほぼゼロ。
 
時短です。
 
 

③チグハグなファッションから卒業

服が少ないと、テイストの違うアイテムを揃えるのは難しいです。
 
あちこち手を出さなくなるので、テイストがある程度絞られます。
 
よく不思議な服装をしていた私も、それを卒業できました。
 
 

④わりと早く新しいものを着られる

一着の着る頻度が高いので、傷むのも早くなります。
 
ワンシーズンで着倒してしまうことも多いです。
 
お気に入りのニットも翌年になると毛玉やくすみで二軍落ちしたりヨレヨレになったり。
 
何年も同じものを着ることが殆ど無いので、常にフレッシュな気持ちでいられます。
 
 

⑤買い物に失敗しない

「似たようなアイテムを買ってしまった!」ということが無くなります。
 
気に入ったアイテムを2着以上ゲットすることはありますが、失敗して…ということはゼロ。
 
クローゼットの中を全て把握できているので、何が必要かがすぐわかります。
 
買い物上手になれますね。
 
 

⑥買い物で妥協しない

長く使っていくことで大切なのは、妥協せず本当のお気に入りを見つけられたからだと思います。
 
飽きっぽい性格でコロコロ服を変えたい私ですが、現在ワンシーズン上下3着で落ち着けているのは選び方を妥協しなかったからだと思います。
 
シルエット、サイズ、デザイン……全て気に入る物でないと買いません。
 
 

⑦節約になる

昔は月に2~3着は服を買っていました。
安いものだと5着くらいまとめ買いしたりして。
 
気に入らなかったらまた新しい服を買ったり、流行を全力で追いかけたり……必死でした。
 
安くても高くても出費は出費。
 
今は傷んだら買い換えるという感じなので、服を買うのは3ヶ月~半年に一回くらい。
 
服に使うお金が減ったぶん、好きなことに使えますし、使わなければお金が貯まります。
 
 

服を減らせたきっかけ

・服の優先順位が下がったから
清潔感や似合っているかは意識しますし、好きな洋服は着ますが、過剰に服装にこだわるのはやめました。
 
服装で個性を主張するものだと思い込んでいました。
 
しかし、別に服で主張せずとも、自分は主張できることに気付きました。
 
人間みんな違うので、存在自体が個性的です。
 
 
・時間が欲しいから
一時期、やりたいことが沢山あって、時間が欲しくてたまらなかったことがあります。
 
そのときに洋服を選ぶ時間が面倒になり、選択肢を減らすことにしました。
 
ワードローブの制服化も考えていましたが、まだそこには至っていません。
 
 
・自分の基準を持てたから
「オシャレに見られたい」「いつも同じ服装だと思われたくない」と思うのは、人の目を気にしているからです。
 
私、週に3回は同じ服装ですし、たまーに指摘されますが、全く気にしておりません!
 
自分の好みや信念が確定すると、人の目は気にならなくなります。
 
 

少ない服でもオシャレはできる

タンスがパンクしている人ほど、眠っている服も多いと思います。
服は多いのにファッションが決まらない…というのはもったいない。
 
少ない服でもオシャレは楽しめます。
 
それに、服を減らすとスッキリしますよ。
 
私は少ないワードローブで過ごすメリットにはまってしまい、もう抜けられません。
 
洋服は気分を左右します。
 
だからこそ、ワードローブをスッキリさせて、身も心も軽やかにしたいですね。