読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現在片思い中

毎日を輝かせるヒント

スポンサーリンク

物よりも目に見えないものに目を向けることが大切

シンプルライフ 考え方

物が溢れている時代、いつの間にか目に見えないことよりも物の方の影響力が強くなってしまいました。

 
思い出を物で残すとか、気持ちをプレゼントで表現するとか……。
 
私も以前は物質主義で、見えないものよりも、実体のある物を重要視していました。
 
でもそれを考え直すきっかけになったのは、やはり断捨離。

 

 

思い出の品を断捨離

特に、思い出の品を捨てまくったことが一番大きいです。
 
卒業アルバムや写真、お土産、プレゼントなどなど。不要なものは手放しました。
 
そうして気付いたのは、「記憶や感謝の気持ちは簡単には消えない」ということ。
 
確かに嫌な思い出も残りますが、楽しかった思い出もたくさん残ります。
 
とても嬉しかった出来事は簡単には忘れません。忘れないんですよ。わざわざ物を残さなくったって。
 
写真や物がないと思い出せないような記憶は自分の中でもあまり重要じゃないことだと思うようになりました。
 
 

目に見えないものも大切に

物を減らしたことによって、目に見えないものへ目を向けることが多くなりました。
 
思い出、感謝、気持ち、親切。
物だけでは満たせないことや、測れないことが沢山あります。
 
いつの間にか、物があふれて、物に支配されるようになってしまいましたが、断捨離して変わったなーと実感しています。
 
不要なものを捨てると、今まで見えなかったものが色々と見えてくるかもしれませんね。