現在片思い中

毎日を輝かせるヒント

スポンサーリンク

体型維持のために気を付けたいこと6つ

ただ目標体重まで落とすだけなら一時の努力で良いかもしれませんが、キープするとなると一生続けていかないといけません。

 
痩せることよりも維持する方が大変。
 
ダイエットはずっと続けていけるような、自分に合った方法を見つけることが大切だなーとつくづく思います。
 
体型維持のために気を付けたいことを考えてみました。
 

 

①太るということは食べている

なんで痩せないんだろう?と言っている人をよく見ますが、それは食べているからです。
 
食事は1.5人前、別腹のデザート、口がさみしいときのアメ、3時のおやつの菓子パン、夜食のおにぎり……など。
 
ちょっとしたものでも、動いて消費しなければ脂肪になります。
 
 

②どのくらいの食事量と運動量ならキープできるか考える

目標体重になることを考えるよりも、その体重をキープすることの方が重要です。
 
朝はスープだけ。昼はサラダだけ。夜は食べない。
 
…という無謀な食事は、モチベーションの高いうちは続けられるでしょうが、ふとした瞬間に強い食欲に襲われます。
 
それなら、朝は野菜ジュースにして、昼と夜はほどほどに食べるとか、調整をしていった方が良いです。
 
食べないダイエットはどこか体を崩します。あくまでも食事はちゃんと食べる方向で。
 
 
運動にしても最初はハードな運動もできるでしょうが、辛いものばかりだと飽きたり挫折したりしてしまいます。
 
ひとつ前の駅で降りて歩くとか、ジムに入会してやらざるをえない状況を作るとか、そういう方法が有効ですね。
 
運動が好きになって、趣味にしてしまうのが一番良いです。
 
 

③一回の食べ過ぎで挫折しない

今日はこんなに食べてしまった…と落ち込んで、翌日からまた食べまくるというパターン。
 
これが不思議なもので一瞬で元通りになってしまうんですね。
 
1日の食べ過ぎは、すぐ取り戻せます。
 
翌日は運動を増やしたり、食べる量をセーブすれば大丈夫です。
 
 

④食欲を忘れるほど楽しいことを見つける

大してお腹が空いていなくても食べてしまうものです。
そのくらい食事は楽しい。
 
それなら、食欲を忘れてしまうほど楽しいことを見つけるのも良い手段だと思います。
 
・趣味に没頭する
・恋をする
・運動自体を趣味にする
 
お腹がグーグー鳴っていても、それを放置してまで没頭できることって結構あります。
 
 

⑤モチベーションを保つ

結局、一番大切なのはモチベーションを保つことですよね。
 
あの服を着たい…
あの体になりたい…などなど。
 
私はターザンを読んでいます。

 

 

 

Tarzan特別編集 ≪新装版≫足りないヒトの……タンパク質チャージ術!

Tarzan特別編集 ≪新装版≫足りないヒトの……タンパク質チャージ術!

 

 

 

 

筋肉で引き締まった体を見て、下がったモチベーションを上げます。
 
「こういう体になりたい」という具体的な目標を見ることで、テンションも上がります。
 
 

⑥無理はしない

痩せられないなら無理に痩せなくて良いと思いますね。
 
「痩せなくちゃ」と悩んでいる姿は魅力的ではありません。
 
痩せれば無条件に綺麗になれるってもんでもないです。
体のボリュームがなくなっていつもの服が似合わなくなってしまったり、かえって貧相になってしまったりもします。
 
自分のちょうど良い、健康的に見える体重を優先させた方がいいこともあります。
 
 

体型はファッションの一部

服のサイズが変わらなければいいや~なんて甘えていましたが、体型だってファッションの一部。
 
引き締まったボディは着ている服を綺麗に見せてくれます。
 
私も数キロ太ったら、体のラインが変わってダボンとしてきました…。
シンプルでタイトな服が好きなので少し太るだけですぐわかってしまいます。
 
体型維持は大変。
ずっとプロポーションを保てている人って、すごく意志の強い人なんだなと思いますね。
 
無理のない方法で体型維持することが一番良い方法だと思いました。