読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現在片思い中

毎日を輝かせるヒント

スポンサーリンク

上品に見える5つの仕草

仕草を磨く
「下品」
 
この世で一番言われたくない言葉です。
 
上品に見える仕草を考えました。
 

 

①物を大切に扱う

物を雑に扱う人は雑に扱われます。
 
物は静かに置きましょう。決して投げてはいけません。
丁寧に扱いましょう。傷付けたり汚さないように。
 
物への態度は見られています。
 
 

②言葉遣いに気を付ける

言葉遣いは丁寧に。
「ガチ」とか「マジ」は使いません。
 
基本的に家族と友達以外は、ですます調。慣れた相手にも、ですます調。
 
敬語も間違えずに使いたいところです。
 
 

③音をたてない 

ドアの開閉や引き出しの開閉などは静かに。
大きい音を立てるような動作は美しくないです。
 
足音やイスに座るという生活音もなるべく静かにしたいものですね。
 
静かにしようと思うと動作がゆっくりになるので、おしとやかに見えますよ。
 
 

④微笑む

常に爆笑しているのも豪快で良いですが、ちょっとした挨拶や頼まれ事をしたときにニコッとすると良いです。
 
口は閉じたまま口角だけきゅっと上げるのは練習すればできますが、人によっては不自然に見えてしまいます。私がそうです。
 
上前歯だけを見せる笑顔が一番自然に見えますね。
 
笑顔の練習はしておいて損はしません。
 
 

⑤物を渡すときは基本的に両手

書類渡すとき、ペンを渡すとき、お土産を渡すとき……人に物を渡すときは両手で。
 
驚くべきことに、両手で渡すことで一気に仕草が丁寧に見えます!
 
特にボールぺンを渡すときに、片手を添えるとかなりエレガントに見えることを最近発見しました。
 
 

余裕がありそうな雰囲気で

雑な仕草、乱暴な言葉、うるさい音は良くないですね。
 
なるべく静かに、丁寧にゆったりと。
 
余裕を感じさせることが上品さにつながると思います。