読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現在片思い中

毎日を輝かせるヒント

スポンサーリンク

清潔な印象を与えるために気を付けるべきこと6つ

美容

清潔感は大切。

汚い人とはなんとなく近付きたくないです。
 
少し手を掛けるだけで、清潔な印象を与えることは可能。
 
まずは身だしなみから!

 

 

①服に変なシワが無い

服に変なシワ。
座ったシワでもない、たたみジワでもないシワ。
 
特にコートに絞ったようなシワがあると、ギュウギュウのクローゼットが連想されます。
まあ実際にそうなのでしょう。
 
麻の服は取り返しのつかないようなシワになるので、気を付けます。
 
シワ加工も避けます。
 
 

②服の毛玉がすごいのは×

靴下 、ニット、カットソー……着ているうちに毛玉が発生します。
 
毛玉がすごいとビックリしますね。
 
毛玉を取るか、どうしようもなかったら処分。
 

 

 

 

パナソニック 毛玉取り器 風合い残し 青 ER857PP-A

パナソニック 毛玉取り器 風合い残し 青 ER857PP-A

 

 

 

 

 

③靴が綺麗

これ、本当に見られていますよ。
高級店では靴を見て判断しているというのは本当。
 
靴のメンテナンスは何よりも優先したいものです。
 
一足を毎日毎日履くのは良くないです。
最低2足ローテーションする。これだけでも持ちが良いです。
 
あとブラッシングやケアをして常に靴は綺麗な状態を保ちたいですね。
 
革靴だけでなく、合皮でもエナメルでもスニーカーでも最低限のケアをして綺麗にしておくべき。
 
 

④バッグが綺麗

結構ボロボロのバッグを持っている人は多いです。
 
本革のバッグがボロボロなのが一番引きますね。皮がかわいそう。
手入れをする気がないなら、ナイロンのバッグにすればいい。
 
忙しくて手入れが無理ならわざわざ本革にしないで、合皮やナイロンなど比較的安価なものにして、ボロボロになったら入れ換えていった方が効率的です。
 
 

⑤臭くない

お風呂に入って、ちゃんと歯を磨くようにしていれば破壊的な臭さにはなりません。
 
でも臭うときは臭います。
 
口臭→口が渇いているなと思ったら舌を動かして唾液を出す!幾分かましになります。
 
汗→デオドラント剤を使います。
 
足→デオドラント剤を。小まめに靴下を履き替えるのも有効。
 
 

⑥末端が綺麗

指先や毛先が綺麗なこと。
 
指先は小まめに保湿したり、保護したりすれば、荒れからは守れます。
 
髪の毛先はバサバサだと広がってきて、扱いにくいし、傷んで見えます。
 
美容室でカットしてトリートメントが一番ですが、時間が無いときは結ぶか保湿!
 
 

はっきり言って面倒。でも効果アリ

服や小物のメンテナンスに掛ける時間は面倒かもしれませんが、ちゃんと綺麗に保つことで、清潔感を演出できます。
 
身に付けるもののお手入れがちゃんと出来ていると、「きっちりした人なんだな」と思われますしね。
 
多少、几帳面で潔癖な印象を与えた方が、だらしない人は寄ってきません。