現在片思い中

毎日を輝かせるヒント

スポンサーリンク

言葉選びは慎重すぎるくらいがちょうど良い

デリカシーゼロの行動を繰り返すと見放されるうえ、周りが敵だらけになります。

 

デリカシーがない人とは距離を保つこと。
デリカシーがない人と思われぬよう、自分の発言にも気を付けることは大切だなーとつくづく思います。

 

デリカシーの無い人は怖い

まず本人は自覚がないので、他人にダメージを与えていることに気付いていません!
 
・その年で~だの、女なのに~だのセクハラまがい発言
・欠点や見た目を堂々と指摘してくる
・いきすぎた冗談
 
本人はポンと思いついただけだったり、良かれと思っての言動なので厄介です。
 
こういう人と距離を近付けると、地味に傷付けられます。
 
 

流す・距離を置く

悪気はない可能性が高いので、大きい心で流します。
まともに取り合うのはやめます。
 
目には目を歯には歯を~とかいって反撃に出ると、一方的に被害者面される場合があります。
 
距離を置いて近付かないことで自分の心を守りましょう…
 
 

自分の発言には気を付ける

何気なく発した言葉で相手を傷付けてしまうことは、結構あることだと思います。
 
人によって考え方や感じ方は違うので、自分の基準で言葉を発するのは危険。
 
アドバイスをお節介だと思われたり、経験談を皮肉や自慢だと思われることは多いです。
 
「この話をしたら皮肉だと思われるかな」と心配されるような話はしないようにしています。
 
そもそも話さないという選択をすることは賢いと思います。
 
 

言葉の威力は大きい

私も昔は思い付いたことをポンポン言うタイプでした。言った後に後悔するんですよね。
 
相手を怒らせたり、傷付けたり…。
どのくらいのダメージを受けたかがわからないので、恐ろしいです。
 
言葉の威力は大きいです。だから気を付けないといけない。
 
「この言葉で相手はどう思うか」とワンクッション置いて考えられたら良いですね。
 
言葉選びは慎重すぎるくらいが、ちょうど良いのかもしれません。