読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現在片思い中

毎日を輝かせるヒント

スポンサーリンク

ミネラルファンデの後悔しない選び方

ミネラルファンデ。

今は色んなブランドがあって迷いますね。
 
ミネラルファンデにしようと思ったきっかけが「肌に負担が掛からないメイクをしたい!」と思ったからでした。
 

 

最初はぱっと目に入ったものを買っていました。
 
しかし調べてみると成分が普通のファンデと変わらなかったり、くすんだり、変なツヤがあったり…と失敗が多かったです。
 
肌に負担が掛からないから…という理由でシフトするなら、なおさらベースメイク選びは慎重に。
 
そこで過去に失敗しまくった私がミネラルファンデ選び方を紹介したいと思います。

 

 

ミネラルファンデの選び方

・成分
肌の負担を軽くしたいなら、界面活性剤や合成ポリマーの入っていないものを。
 
マイカ、酸化チタン、酸化亜鉛…とシンプルなもので。
 
オキシ塩化ビスマスが入っているものは不思議な光り方をしたり、肌の刺激になる可能性があるので、避けるか試し塗りしてから。
 
あと、「ミネラル成分配合」と謳って、合成界面活性剤や合成ポリマーがゴリゴリ入った商品も結構あるので注意したいところです。
 
「クレンジング不要」と書いてあるものを選びたいですね。
 
 
 
・酸化チタンのコーティングと大きさ
肌が弱い人やこだわりたい人は、酸化チタンがコーティングされているかどうかのチェックもすると良いと思います。
 
コーティングされていないものは活性酸素が少し出るそうで、もしかしたら肌の負担になるかもしれません。
 
 
酸化チタンがナノ粒子でないことも。
 
皮膚に浸透するかは定かではありませんが、肌の安全を考えるなら選ぶときの参考に。
 
 
 
・タイプを選ぶ
ルースパウダー→薄づきでナチュラル
 
プレストパウダー→カバー力あり&塗りやすい
 
クリーム→カバー力高い&ツヤ
 
 
 

メリット

石鹸で落ちる

基本的に石鹸で落ちます。
ルースパウダー状ならお湯だけで落ちます。
 
クリームタイプだと密着度も高いので、石鹸+手拭いが必要ですが、どちらにせよクレンジング剤はいりません。
 
クレンジング剤を使わないだけで、肌荒れの回数が激減。
 
 

肌への負担が少ない

肌が軽いです。
閉塞感がありません。
 
あくまでもスキンケアの延長みたいな感覚で使えます。
 
 
 

デメリット

落ちやすい

クレンジング不要なぶん、落ちやすいです。
 
皮脂と馴染むと綺麗ですが、皮脂を取ろうとするとファンデも一緒に消失。
 
 

乾燥するかも

クリームファンデはオイルが入っているので乾燥はしませんが、問題はパウダー。
 
パウダータイプは乾燥しやすいかもしれません。
 
スキンケアをしっかりするか、乾燥しやすい部分はワセリンで保護するなど、保湿を強化。
 
 
 

愛用ファンデ

私がミネラルファンデに目覚めた当時はまだまだメジャーなアイテムではありませんでした。
 
なのでツヤが不自然だったり、商品や色の選択肢や色が少なかったり、くすんだりしました。
 
でも今は良いものが多い!
 
私が愛用しているのはエトヴォスのタイムレスミネラルファンデーション。
 

 

 

 

エトヴォス タイムレスミネラルファンデーション リフィル パフ付き 03N

エトヴォス タイムレスミネラルファンデーション リフィル パフ付き 03N

 

 

 

 

酸化チタンのコーティング有り、ナノ粒子不使用…と安心して使えるブランドだと思います。
 
時間が経ってもくすみにくいのも魅力。
 
 
 

ミネラルが合う人は是非

ミネラルファンデにしてクレンジングから解放されてからは、肌荒れすることが減りました。
 
ニキビや赤みもなくなってフラットな肌になりました!
 
ミネラル成分が肌に合うのであれば、ミネラルファンデはすごくオススメです。